2013年09月04日

白/学とコンサーブMP重視装備

タマシチやゲンデサ装備でケアル詠唱速度と回復量に少し余裕が出てきました。
そこで今回は白/赤より調整が難しい白/学装備を考えてみようと思います。


サポ学の特徴とコンサーブMP


なぜ白/学の調整が難しいかと言うと、サポ赤のファストキャスト+15%が無くなるため詠唱時間短縮-80%の達成が厳しくなるからです。
代わりにサポ学ではグリモアの詠唱時間短縮10%がありますが、これは装備等の詠唱時間短縮を合計した最後に乗算するため、実際の効果は非常に少なくなります。

サポ学で詠唱時間短縮-80%を目指す場合、グリモアを除いて詠唱時間短縮-78%を確保する必要があります。((1-0.78)*(1-0.1)=0.198)
つまりサポ赤の時より詠唱時間短縮-13%になるように装備を調整しなければいけません。

逆にサポ学のメリットは消費MPの減少で、グリモアで10%、コンサーブMPで約7%の合計16.3%の消費MP減少効果があります。

ケアルガ装備


メインウェポン:タマシチ/回復量+22%
サブウェポン:玄武盾/回復量+5%/詠唱時間-8%
矢弾:クラルスストーン/コンサーブMP+3
頭:ローレルリース/コンサーブMP+8
首:アケソチョーカー/詠唱時間-10%
左耳:胡蝶のイヤリング(魔法命中率+4 潜在能力:リフレシュ)
右耳:磁界の耳/コンサーブMP+5
胴:ヘカカラシリス/回復量+15%/詠唱時間-15%
両手:ゲンデサゲージ/回復量+8%/詠唱時間-7%
左指:サンゴマリング
右指:メディアトルリング
背:グウィデオンケープ/コンサーブMP+3
腰:オステリティベルト/コンサーブMP+8
両脚:ORパンタロン+2/詠唱時間-12%
両足:ケアルクロッグ/詠唱時間-15%

メリットポイント:詠唱時間-20%
サポ学:コンサーブMP+25

合計:ケアル回復量+50%、詠唱時間-87%、敵対心-7、コンサーブMP52

今回の組み合わせのコンセプトは「コンサーブMP重視」です。
グリモアとコンサーブMP52をあわせて約22%の消費MP減少効果があります。

ちなみに玄武盾とゲンデサゲージがオグメ最高値で計算しているので、難易度が高くなっています。
そのため回復量が足りない場合は頭をゲンデサカウビーンに変更してください。

ケアル装備


メインウェポン:タマシチ/回復量+22%
サブウェポン:玄武盾/回復量+5%/詠唱時間-8%
矢弾:クラルスストーン/コンサーブMP+3
頭:ゲンデサカウビーン/回復量+18%
首:アケソチョーカー/詠唱時間-10%
左耳:胡蝶のイヤリング(魔法命中率+4 潜在能力:リフレシュ)
右耳:磁界の耳/コンサーブMP+5
胴:ORブリオー+2
両手:ゲンデサゲージ/回復量+8%/詠唱時間-7%
左指:サンゴマリング
右指:メディアトルリング
背:パートリケープ/詠唱時間-8%
腰:オステリティベルト/コンサーブMP+8
両脚:ORパンタロン+2/詠唱時間-12%
両足:ケアルクロッグ/詠唱時間-15%

メリットポイント:詠唱時間-20%
サポ学:コンサーブMP+25

合計:ケアル回復量+53%、詠唱時間-80%、敵対心-15、コンサーブMP41

ケアルガ装備から3部位のみの変更です。
ただしケアルガ以上に装備がカツカツになるので、回復量が足りない場合は耳を変更してください。
詠唱時間短縮は2%余裕があるので、玄武盾は6%以上ならokです。




posted by Bun at 03:50 | Comment(0) | ジョブ 白魔道士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。