2014年12月15日

強化後の短剣WS比較

ゴブリさんのところで判明している分だけ比較してみました。

素撃ち


比較のための装備は以下のものを使用します。

エヴィ/エクゼン/マーシー/ルドラ

メインウェポン:マンダウ
サブウェポン:アトヤク(クリ率+4% 時々2回攻撃)
投てき:レイダーブーメラン
頭:ウクシカジ(DEX)/ウクシカジ(AGI)/ウァール/ウクシカジ(DEX)
首:属性/属性/ラコノ+1/トラミツリ
左耳:タティ/ブランデシュ/タティ/タティ
右耳:胡蝶(攻+4 TPB+25)/ブレードボン/タティ/胡蝶(攻+4 TPB+25)
胴:PD+1/ドレッド/PD+1/PD+1
両手:ノムパカ+1/PL+1/ノムパカ+1/ノムパカ+1
左手の指:隠者+1/鳥王+1/炎将+1/隠者+1
右手の指:エポナ/エポナ/炎将+1/隠者+1
背:ケッニ/ヴェスピッド/ブクイック/ヴェスピッド
腰:属性/属性/プロシリオ+1/プロシリオ+1
両脚:マニボゾA15/クイアイズ(AGI)/クイアイズ(STR)/マニボゾA15
両足:PD+1/PD+1/カークソC15/カークソC15

※ケッニケープはDEX+1 AGI+2 クリダメ+3%のものを使用しています。

攻防比約1.6の相手で計算すると

エヴィ:5556(クリ率36%)→DEX-AGI差20%(上限)+メリポ5%+装備11%
エヴィ:4991(クリ率21%)→DEX-AGI差5%(下限)+メリポ5%+装備11%
エクゼン:4310
マーシー:5715

ルドラ:5979
ルドラ:4837(耳をタティ2個に変更)

以上の結果となりました。
ルドラのTPボーナスが大きく引き上げられたため、胡蝶のイヤリングをTPボーナスにしているかどうかでダメージにかなりの差が出るようになっています。
胡蝶のイヤリングをTPボーナスにしている場合は素撃ちでもルドラで、そうでない場合は基本的にマーシーかエヴィを撃つのがよさそうです。
ただしTPが1000貯まってから数ターン余分に殴ってしまった場合は、胡蝶の有無とは関係なくルドラを撃つのがいいと思います。

ルドラのWS装備については、倍率が上がったため属性首腰の効果はかなり低くなっています。
首の候補はトラミツリカラー、ジャステシアトルク、ラヴトルク辺りがほぼ団子状態なので、自分が持っているものや使い回せるものを選ぶのが良いと思います。
腰はプロシリオベルト+1が頭1つ抜けていますが、攻防比がキャップするような状況ではそれぞれシフトネックレス+1やアートベルト+1辺りが一番ダメージが出るようになります。

ちなみに不意WSでも胡蝶をTPボーナスにしているならルドラ、していないならマーシーが上でした。
こちらもTPを多少貯めた場合は当然ルドラの方が強くなります。

posted by Bun at 17:42 | Comment(0) | ジョブ シーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。