2014年12月21日

ルドラストームとTP

シーフはうろうろするのに便利なジョブになりましたね。

TPいくつで撃つべきか


ゴブリさんによるとルドラストームの倍率はTP1000/2000/3000でそれぞれ6/15/20だそうです。
ここで注目すべきなのは倍率/TPが一番高いのはTP2000の時だということで、つまり連携を考慮しない場合はTP1000で即撃ちするよりTP2000で撃った方が効率が良いWSだということになります。
実際にDPSシートでも以下の装備を使って計算してみます。

通常装備/ルドラ装備

メインウェポン:マンダウ
サブウェポン:アトヤク(攻+20 時々2回攻撃)
遠隔:レイダーブーメラン
頭:フェリストリマスク/ウクシカジキャップ(DEX+8)
首:アスパーネックレス/ラヴトルク
左耳:ダッジョンピアス/タティイヤリング
右耳:ハートシーカピアス/胡蝶のイヤリング(攻+4 TPボーナス+25)
胴:SKクウィリ+1/PDベスト+1
両手:ノムカパミトン+1
左手の指:エポナリング/隠者の指輪+1
右手の指:ラジャスリング/隠者の指輪+1
背:ケッニケープ/ヴェスピッドマント
腰:パテンシアサッシュ/プロシリオベルト+1
両脚:ソンブラタイツ+1/マニボゾブレーA15
両足:PDプーレーヌ+1

支援は無しで攻防比約1.6の相手に、以下のTPを超えた瞬間にルドラストームを素撃ちし続けた時のDPSが以下になります。

TP1000:WSダメージ6021/DPS616.858
TP1250:WSダメージ7234/DPS620.180
TP1500:WSダメージ8449/DPS622.584
TP1750:WSダメージ9330/DPS612.376
TP2000:WSダメージ9998/DPS597.938


結果は以上で、TPが1500を超えた瞬間に撃つとDPSが一番高くなりました。
実際の運用で注意すべきなのは胡蝶のイヤリングで、これによってTP+250の状態になるためTP1750を目標として撃つことになります。
そしてTP1750を「超えた瞬間」だとマルチアタック次第で大きくオーバーしてしまう場合もあるので、TP1500ぐらいを目安にしてTP1750を超えるまでに撃つのがいいということになります。

ただしシーフの場合は不意打ちとだまし討ちが使えるため、パーティの場合はそれらのリキャストや連携のタイミングなども考えつつ撃つことになります。
連携の〆でTP3000ルドラを担当する場合は胡蝶のイヤリングの効果がなくなるため、きっちり着替えるならタティイヤリングなど別の装備を用意しておくと良いです。

セントヴェンテ(TPボーナス)


TPボーナスの効果が上がって胡蝶のイヤリングが更に強力な装備になりましたが、シーフが使えるTPボーナス装備としてもう1つセントヴェンテという短剣があります。
これはIL前の装備ですが、サブに持っても有効なTPボーナス+1000が付いているため非常に強力です。
この記事前半の装備からサブウェポンをセントヴェンテに変更したDPSが以下になります。

セントヴェンテ
TP1000:WSダメージ9335/DPS690.863
比較でアトヤク
TP1000:WSダメージ6021/DPS616.858

以上の通り、今回の調整で命中さえ足りるならアトヤクを抜いて最強のサブ武器へと進化しました。
肝心の命中は上記の装備で628で、これはメナスモリマーの地下でメナポ稼ぎをしていた頃の必要命中と同じぐらいです。
つまりアドゥリンの初期エリアやLv99時代の旧コンテンツであれば実用可能だということになります。

実際の運用をアラパゴ遺構-IIで考えた場合、ギア層辺りまではセントヴェンテを使用せずともルドラの一撃で倒せるため回転のいいアトヤクの方が有利です。
有効になってくるのはHPの増える戦車層以降で、その他のコンテンツでは花鳥風月なども敵のHPが多いため使い勝手が良いと思います。

posted by Bun at 06:46 | Comment(4) | ジョブ シーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DPSシートの計算式がどうなっているかわかりませんが、TPいくつで打つのが一番効率がよいかという命題についてはこの解答は誤りです。

胡蝶でTP+250されたとき、サブの1倍を合わせてルドラの倍率はTP1000のとき9.450倍あります。
TP1000~2000、2000~3000の区間は一次関数的に変化しますので、Excelを使用する場合倍率はTREND関数で計算可能です。
それによって倍率/消費TPを計算すると、TP1000で打つのが最も効率が良いことになります。

胡蝶によるTPボーナスで倍率が増加する場合、TP1000で即打ちするのが最良である可能性が高いです。
他に計算したものとしてはアップ、サベッジ、ジャッジメント、ヘイロー、カラミティ、ミストラルアクスがありますがすべてTP1000の効率が最大です。
(片手武器に関しては戦士一刀のフェンサーTP+500を加算した値ですが)

また、マルチアタック考慮なし、攻防関数1固定の場合、ざっくり計算ですが戦士サンガリアス+1一刀のDPSが両手斧を上回ります。
新しいネタとしていかがでしょうか。
Posted by bal at 2014年12月24日 13:55
確かに胡蝶を含めて計算すると倍率/TPはTP1000で0.00925、TP1750で0.00914なのでTP1000の方が上で、DPSシートでもこの計算式はあっています。
では何故TP1500の方が上になったかと言うと、DPSシートではWSの硬直を含めて計算しているからですね。
少ないTPで撃つとWSの使用回数が増えるため同時に硬直回数が多くなり、その結果逆転してしまっています。

サンガリアス+1一刀ですか、戦士の場合コンカラーがあるのでどうですかね〜
踊り子のテルプシコラー一刀や忍者の凪一刀なんかはかなり面白いんじゃないかと思っています。
Posted by Bun at 2014年12月24日 15:27
いつも見させてもらってます。不意+ルドラの装備はどのようにされてますか?
Posted by at 2015年01月04日 00:23
不意ルドラは上記の装備から頭胴手脚をPL+1、腰をワニオンベルトに変更しています。
Posted by Bun at 2015年01月04日 07:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。