2015年08月22日

汁ペットの魔法技ダメージ計算式

パトリックのファイアボールはINT等のステータスを上げても威力が変動しないことは有名ですが、一体どういうダメージ計算式になっているのかを少し調べてみました。

敵モンスターの技と計算方法は同じ


ダメージの計算方法について色々調べてみた所、元々敵モンスターが使用する魔法技もステータスに依存しない物が多いことが分かりました。
基礎となる魔法D値の算出方法についてはStudio Gobliさんが解明しており、それによると

魔法D値=レベル関数×倍率
レベル関数=レベル+2


となっているそうです。
汁ペットでもこの計算式が使えるかどうかを調べるために、Lv99の迎撃のパトリックでTPを変動させてファイアボールを撃ってみた結果が以下になります。

TP1000:909ダメージ
TP1500:1373ダメージ
TP2000:1838ダメージ
TP2500:1979ダメージ
TP3000:2121ダメージ

※TP1000はフェンサー持ちのパトリックでは無理なので、伝令のヘンリーのバブルシャワーで代用。

Lv99ならレベル関数は101になるため、ダメージを101で割って倍率を調べてみると

TP1000:9.00
TP2000:約18.20
TP3000:21.00


以上となり、大体綺麗な数値になっているため、汁ペットでも同じ計算式が使われていると見て良さそうです。
ペットの技はTP2000以上でのダメージの伸びが悪いと言われていましたが、改めて倍率を出してみるとまさにその通りという感じですね。

次に、IL119にしてファイアボールを撃ったダメージが以下になります。

TP1500:2192ダメージ

IL119の汁ペットには魔攻+34と魔法ダメージ+263が付与されるようなので、Lv99でのダメージに加算してみると

(1373+263)×1.34=2192.24

となりピッタリと一致しました。
アイテムレベルが付与されてもレベル関数は101のままみたいですね。

最後に「ふりしぼれ」について、使用前と使用後でダメージを比較してみると

Lv99
使用前TP1500:1373ダメージ
使用後TP1500:1373ダメージ
IL119
使用前TP1500:2192ダメージ
使用後TP1500:2323ダメージ


Lv99ではダメージが同じなのでレベル関数には変化が無いようです。
LV119ではダメージが増えているので魔攻か魔法ダメージ+のどちらかが上昇していることになります。
用語辞典によると魔法防御力アップ&ダウン特性が1.25倍になるとのことなので、魔法攻撃力も同じだと仮定して計算してみると

魔法攻撃力34×1.25=魔法攻撃力42.5
(1373+263)×1.42=2323.12


と一致したため、「ふりしぼれ」には魔法攻撃力も1.25倍する効果があると見て良さそうです。

posted by Bun at 19:00 | Comment(0) | ジョブ 獣使い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。