2016年01月23日

Vinipata(ヴィニパタ)は短期決戦で

BGForumに動画がアップされていたVinipataをやってきました。
やり方さえ分かればCL???の中では簡単な方だと思います。

※細かい部分をいくつか追記・修正(2016/06/10)

構成など


私のところでは以下の構成にて戦いました。

剣白+黒黒学吟コ風

盾役が魔導剣士なのはガンビットとレイク目的です。
構成&役割共にAlbumenとかなり似ています。

薬品は以下の物が必要になります。

・技量の薬(魔導剣士)

戦闘の流れ


Telesと同じく高低差があれば敵の特殊技を回避出来るため、戦闘場所はF-8(#2から西)かJ-7(#5と#6の間)がオススメです。
トリガーは魔導剣士が作成してください。

@戦闘を開始したら雑魚には一切手を出さず、からまれ状態でキープをする。
A魔導剣士が本体のターゲットを取り、夜叉之型を使用するまで核熱連携→火の単体精霊MBで削る。
B夜叉之型を使用したら吟遊詩人がナイチンゲール&トルバドゥールを使用して雑魚を寝かせる。
C範囲魔法で雑魚を巻き込まない位置まで魔導剣士が本体を引っ張る。
D連環計・ボルスターなどSPアビリティ各種を使用し、全力で削り切って終了。

夜叉之型の使用タイミングはランダムのようです。
雑魚も夜叉之型を使用してくるため、見間違えないよう注意してください。

火力のあるPTなら、HPが満タンからでも2分程度あれば削り切れると思います。
夜叉之型を使用するまで魔導剣士が耐えられるかどうかがポイントですが、最悪崩れて全滅しても、SPアビリティを使用する前なら、衰弱回復を待って戦闘を再開しても時間は十分に余裕があります。

鬼神技・天敬発動後にアストラルフロウを使用する場合があるので、増えた雑魚は吟遊詩人が再度ナイチンゲール&トルバドゥールを使用して寝かせてください。

以下に各ジョブの大まかな動きを。

魔導剣士
ルーンは光3つで呪いのレジストを狙います。
雑魚を寝かせたら本体を引っ張り、ルーンを火に変更してガンビット→レイクと使用で。
技量の薬を使っておき、効果が切れ次第再度使用します。

白魔道士
魔導剣士の回復に専念します。
明鏡止水発動から4番目に鬼神技・天敬を使用してくるので、パラナ→サクリファイスで回復を。

黒魔道士
夜叉之型を使用するまでは単体精霊魔法で削り、使用した後はジャ&ガ系を解禁して全力で削ります。
魔力の泉とサテルソーサリーもここで使用してください。
またバイオIIの管理も行います。

学者
核熱連携作成→ファイアVでMBの繰り返しです。
雑魚を寝かせたら連環計を使用し、最初のMBで火門の計IIを入れておいてください。

吟遊詩人
戦闘開始前にクラリオンコールを使用してマチマチバラエチュエチュをかけ、雑魚を寝かせたらソウルボイスを使用してマチバラバラエチュエチュに変更します。
雑魚は歌の効果時間延長装備を使用して、魔物のララバイIIと魔物達のララバイIIで寝かせてください。
夜叉之型使用時は青色の雑魚がこちらに向かってくるため、そちらから優先で寝かせを。
またソウルボイスを使用したら本体に炎のスレノディIIを入れてください。

コルセア
ロールはワーロックス+ウィザーズです。
学者・吟遊詩人・風水士がSPアビリティを使用したらすぐにワイルドカードで。

風水士
風水魔法はフォーカス・マレーズです。
雑魚を寝かせたらボルスターを使用し、エントラストでインデアキュメンをかけます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。