2016年01月27日

Albumen(アルブメン)はララバイの効果時間中に

魔法の通りがイマイチだったので、VinipataやZerdeのように短期決戦とはいきませんでした。
時間が結構ギリギリなので、Schah程ではありませんが火力が重要です。

※ララバイの計算式を修正(2016/10/04)

構成など


私のところでは以下の構成にて戦いました。

剣白+黒黒学吟コ風

盾役が魔導剣士なのはガンビットとレイク目的です。
構成&役割共にVinipataとかなり似ています。

薬品は以下の物が必要になります。

・抗アムネジア霊薬(魔導剣士)
・技量の薬(吟遊詩人・魔導剣士)

雑魚の寝かせについて


戦闘開始時は4体で2分経過後に追加で4体、4分経過後に追加で4体ポップし合計12体になります。
トルバドゥールを使用したララバイで寝るので、歌の効果時間延長装備とナイチンゲール・トルバドゥール・マルカートを使い、魔物達のララバイIIで最初から最後まで寝かせ続けます。
具体的には以下の装備等が必要になります。

魔物達のララバイIIの効果時間:60秒
カルンウェナン:+50%
ギャッラルホルン99:+40%
アエドマティネ:+10%
FLオングルリヌ+1:+12%
BRカフス+1:+10%
インヤガシャルワ+1:+15%
BRスリッパー+1:+11%
ギフトの歌の効果時間延長:+5%
ジョブポイントのクラリオンコール効果アップ:+40秒
ジョブポイントのララバイ効果時間延長:+20秒
ジョブポイントのマルカート効果アップ:+20秒
 ※トルバドゥール適用外

計算式
(((60×(1+0.5+0.4+0.1+0.12+0.1+0.15+0.11+0.05))+40+20)×2)+20=443.6秒(約7分23秒)
※ソウルボイスの効果が残っているとマルカートが無効になるため、手動で切ってください。
※マルシュアスを使用した場合は+12秒になります。

開幕はクラリオンコールを使用するため7分23秒、以降の追加ポップは6分3秒寝かせる事が可能です。
ですので実質的な戦闘時間のリミットは7分23秒になります。

戦闘開始直後にSPアビリティ(微塵がくれ等)を使用してくるので、発動前に素早く寝かせてください。
ただし雑魚は黄色ネームでポップするため、無効時間に被らないよう一瞬だけ待つ必要があります。
雑魚のSPアビリティは本体の百烈拳に連動して使用してくるので、黒魔道士は予め精霊の印を使っておき、ポップ直後に本体にスタンを入れる事で少しだけ猶予を作れます。

戦闘の流れ


戦闘場所はどこでも大丈夫です。
トリガーは魔導剣士が作成してください。
夜間はレベルアップの条件である闇合成を使用してくるので、必ず日中(6:00〜18:00)に戦闘してください。

@戦闘開始直前に吟遊詩人がソウルボイス&クラリオンコールを使用して歌をかける。
A歌をかけ終わったら吟遊詩人はソウルボイスを切り、マルカートを使用する。
B魔導剣士は抗アムネジア霊薬を使用して戦闘を開始し、吟遊詩人は素早く雑魚を寝かせる。
C範囲魔法で雑魚を巻き込まない位置まで魔導剣士が本体を引っ張る。
D連環計・ボルスターなどSPアビリティ各種を使用し、核熱連携→火MBを行い全力で削る。
E残り時間が28分頃に雑魚が追加ポップするためその場で再度寝かせ、以降は単体精霊のみで削る。
F残り時間が26分頃にも雑魚が追加ポップするため、同じように寝かせ。
G雑魚が起きるまでに全力で削り切って終了。

戦闘開始前にSPアビリティを使用するため、レンズの貰い忘れには十分注意してください。

以下に各ジョブの大まかな動きを。

魔導剣士
ルーンは火3つでガンビット→レイクと使用し、技量の薬を使って効果が切れ次第再度使用します。
ペタルバックスピンがヘイトリセット付きなので、挑発・フラッシュ・フォイルですぐにタゲ取りを。

白魔道士
通常攻撃の追加効果:石化対策で、戦闘開始直前にバストンラをかけておいてください。
ペタルバックスピン後はサイレナ→パラナと使用し、魔導剣士がすぐにターゲットを取り返せるように。
テパルツイストのHPmaxダウンが最大でHP-75%なので、ハートオブソラスのストンスキンを利用しつつ、イレース→ケアルで回復を。
フェイタルスクリーム対策でカーズナ装備も必要になります。

黒魔道士
追加の雑魚がポップするまではジャ&ガ系を含む全ての魔法で、ポップした後は単体精霊のみで削ります。
魔力の泉とサテルソーサリーを開幕から使用で。

学者
核熱連携作成→ファイアVでMBの繰り返しです。
開幕から連携を作り続け、連環計は最初のワイルドカード前(2〜3連携作成後)に使用します。

吟遊詩人
歌はマチバラエチュエチュスケです。
ナイチンゲール・トルバドゥール・マルカートはワイルドカード→技量の薬の順番で復活させます。
また本体に炎のスレノディIIを入れてください。

コルセア
ロールはワーロックス+ウィザーズです。
黒PTの全員がSPアビリティを使用したらすぐ(雑魚の追加ポップ前)にワイルドカードで。

風水士
風水魔法はフォーカス・マレーズと、エントラストでインデアキュメンを使用します。
ボルスターが復活すれば再使用、復活しなければグローリーブレイズを使用で。

この記事へのコメント
7分で削りきれる集団はそれほど多いとは思わないので(私達は無理でした)、
修正案を・・・
@詩人の寝かせはIL119でした方が確実です。時間重視でMK脚にするとIL117に落ちてしまい、印ララIIでもハーフレジが発生します(吟ジョブマスターでもレジられました)
A開幕は吟の印トルバマルカララバイで護衛を5分45秒寝かします。約2分後に護衛POPするので、黒の印プガで寝かします。更に2分後護衛がPOPするまで頑張りましょう。護衛が12匹に増えた時点で【おとなしく全滅します】
B開始5分で一旦全滅>残り時間20分くらいで全員の衰弱が治るので、詩人の全力護衛寝かしからボス削りを開始します。(吟の10分アビは時間経過で回復しています)
Cクラリオン+マルカ+トルバ印ララIIで7分6秒 > 護衛が起きる寸前に印ブレクガ、護衛が起きたら5分45秒寝かします
この13分間にボスを削ります(私達は11分40秒かかりました)
ボルスター中はMBデス>アスピルIIIで1400MPほど吸えるので、序盤は重力を織り交ぜて、火or
風MB中心に削るとラクだと思います。
それでも時間が足りないなら、風/黒の印プガで1分、黒の印プガで更に2分半近く制限時間を延ばせます。
まぁ時間よりも盾役のヘイトリセットに悩む事と思いますが・・・
Posted by ( ゚∀゚ ) at 2016年01月28日 18:03
雑魚は複数回寝かせが可能なんですね!
Vinipataの雑魚は1回で耐性が付いたので、こちらも同じだろうと試していませんでした。
時間が厳しい場合はその戦法が良さそうですね〜
Posted by Bun at 2016年01月29日 00:27
クラリオンでララバイの効果時間が延びない旨のリンクコメントがありますが、リンク先は2014/07/04の投稿であり古いです。
先ほど(2016/5/22)に実測したところ、クラリオンコールの歌時間延長効果が乗っていたことをご報告したします。
Posted by at 2016年05月22日 18:05
>上の方&下の方
下の方、検証ありがとうございます!
クラリオンコール効果アップが敵歌に発揮されない事は、2014/08/12のVUで修正されているようです。
URL:http://forum.square-enix.com/ffxi/threads/43705
Posted by Bun at 2016年05月23日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。