2016年07月03日

距離補正による遠隔攻撃の命中率ダウン その2

ここまでで一旦終了です。


対象との距離と命中率の関係


条件は前回と同じで、距離を変化させて取ったデータが以下になります。

遠隔攻撃の射程(約25Ym)
技名_____ ___合計 _平均 _最大/最小 ___命中___ ___率
遠隔攻撃__ _____0 ___0 ___0/___0(_452/1381 _32.7%)
95%信頼区間:30.255%〜35.205%

遠隔WSの射程(約20Ym)
技名_____ ___合計 _平均 _最大/最小 ___命中___ ___率
遠隔攻撃__ _____0 ___0 ___0/___0(_475/1309 _36.3%)
95%信頼区間:33.682%〜38.892%

サイクロンの射程(約15Ym)
技名_____ ___合計 _平均 _最大/最小 ___命中___ ___率
遠隔攻撃__ _____0 ___0 ___0/___0(_528/1364 _38.7%)
95%信頼区間:36.125%〜41.295%

銃の適正距離(約4〜6Ym?)
技名_____ ___合計 _平均 _最大/最小 ___命中___ ___率
遠隔攻撃__ ____10 ___0 ___1/___0(_769/1339 _57.4%)
95%信頼区間:54.783%〜60.079%

銃の適正距離は近接攻撃がギリギリ届かない位置というのが定説ですが、対象の大きさによって変化するようで、対象がプレイヤーの場合は!!が出る距離は全て近接攻撃が届く範囲内でした。
命中率を飛命に換算すると以下のようになります。

約25Ym:飛命-84.6
約20Ym:飛命-77.4
約15Ym:飛命-72.6
約5Ym*:飛命-35.2


定説通り離れれば離れるほど飛命が下がっていますが、その値は一定ではなく、対象から割と近い距離で急激に下がり、一定以上離れた後はゆるやかな減少になる感じですね。
狩人は基本的に15〜20Ymの範囲内にいる場合がほとんどだと思うので、近接との命中差は70〜80程度だと考えて良さそうです。

また与一侍など近接して遠隔攻撃を行う場合、近接攻撃が届く距離でも飛命が減少しているようなので、これを防ぐには対象にめり込むぐらい接近する必要がありそうです。
随分昔にエイペクスアローの検証をした際、飛命にマイナス補正がかかっているような結果になりましたが、これはこの距離補正によるものだったようです。




posted by Bun at 21:00 | Comment(4) | 戦闘系豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
弓と銃は適正距離が違うのと
与一は長弓なので、ある程度離れたほうが
飛命は落ちないのではないでしょうか
Posted by at 2016年07月06日 06:56
ダメージ(飛攻)は武器によって適正な距離が変わりますが、飛命については武器種に関わらず離れれば離れるほど下がるというのが定説だったと思います。
もちろん武器ごとに違う可能性も考えられるので、また時間が取れた時にでも調べてみるかもしれません。
Posted by Bun at 2016年07月06日 21:16
狩は近接必要命中に対しおおよそ+100必要という認識でやっていましたが
やはりほぼその通りだったんですね(被弾しない事が最大の利点だったので最大距離時
すごくすっきりしました!

今週から土日のみですが、暗晦の王やりはじめます!
とりあえずの仕様をある程度公開して頂いたので大変助かります。
現状で調べる事・試す必要性のある事が絞れ込めました!
ではまたでーす(´ー`)
Posted by 瞬ちゃん at 2016年07月09日 01:47
ギミック解明期待しています!
こちらも分かった事があればまた記事にしていきますね〜
Posted by Bun at 2016年07月09日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。