2017年02月23日

オーメンで戦士盾

オーメンの桂馬や歩兵に行きたい!でもナイトや魔導剣士のカードはもう要らない!という時に。

ターゲットの固定はサポナイトのセンチネルで


オーメンの中ボス&大ボスはそこまで攻撃が激しくないため、ダメージカットと敵対心装備を揃えれば大抵のジョブが盾役としての役割を果すことが可能です。
その中でも特に向いているのがスヴレン装備が着れる戦士で、AF119+3の性能も良いためナイトや魔導剣士のカードがもう必要無いという人は一度試してみてください。

近接向けの金将・銀将は支援を受けて普通に攻撃していればターゲットを取ることが可能ですが、精霊構成の桂馬や遠隔構成の歩兵などは近接用の支援を受けられないため、サポをナイトにしてターゲットを取ります。
重要なのは効果時間中敵対心+100のセンチネルの使い方で、中ボス&大ボス戦では開幕ヘイトリストに載ると同時にセンチネルを発動させ、その効果時間中にヘイトを稼げるアビリティ・魔法をまとめて一気に使用、その後はリキャストごとに挑発やフラッシュを使用するというのが基本の動き方です。

ヘイトリセット技を持つ中ボスのクレイヴァーは途中でターゲットを取られる場合がありますが、インデウィルトを使用しておけばアタッカーがターゲットを取っても問題はありません。
歩兵は強化の吸収数に応じてダメージが上昇するため、吸わせる強化の数を5個以内に抑えると安全です。

ナイトや魔導剣士と比較した際の一番のデメリットはファランクスが使用出来ないことで、道中の雑魚を大量に集めてまとめて処理といったことは出来ません。
ターゲットの固定力や受けるダメージ量も本職の盾ジョブには劣りますが、こちらは装備で敵対心をブーストしてしっかりした回復役がいれば、問題なくこなせるレベルになります。

装備の一例


メインウェポン:マフィックカジェル(敵対心+6 被物理ダメージ-10%)
サブウェポン:
矢弾:ストンチタスラム(被ダメージ-2%)
頭:
首:ロリケートトルク+1(被ダメージ-6%)
左耳:オノワイヤリング+1(110MPをHPに変換 被魔法ダメージ-2%)
右耳:クリプティクピアス(HP+40 敵対心+4)
胴:
両手:
左手の指:ヴォーケインリング(被ダメージ-7%)
右手の指:守りの指輪(被ダメージ-10%)
背:ソレムニティケープ(被ダメージ-4%)
腰:ゴウドベルト(敵対心+3)
両脚:
両足:

上記装備は全ジョブ共通で使用出来ます。
マフィックカジェルは片手棍なので、ムーンライトでMPを自己回復することが可能です。
空欄の部位は戦士ならスヴレン一式、その他のジョブは以下の装備辺りが候補になります。

頭:ラビッドバイザー(敵対心+6 被物理ダメージ-3%)
頭:ハリタスヘルム(敵対心+8)
胴:エメットハーネス+1(敵対心+10 被物理ダメージ-6%)
両手:マカブルガントレ+1(敵対心+7 被物理ダメージ-4%)
両手:クーリスグローブ(敵対心+9 被ダメージ-2%)
両脚:スレビアクウィス+1(被ダメージ-6%)
両脚:ゾアサブリガ+1(敵対心+6)
両足:アムグリーヴ(被ダメージ-5%)
両足:アホシレギンス(敵対心+7 被物理ダメージ-4%)

歩兵・ゴージャー・シンカーはシェルを切って戦闘するので、被ダメージ-と被魔法ダメージ-を合わせて50%近くにしておくと安全です。
サブウェポンは盾スキル付きの盾を装備すると被ダメージの軽減に役立ちます。

posted by Bun at 08:00 | Comment(0) | オーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。