2017年03月26日

醴泉島のギアスフェットCL???をアストラルパッセージでやってみた

何ヶ月かぶりにイオニックを進行することになったので、アストラルパッセージを実際に試してみました。

構成など


メンバー10名中4名が召喚士で、全員ニルヴァーナ持ちです。
基本の支援はドラケン+ビーストとトーパー+フレイルで、敵によって盾ジョブをナイトと魔導剣士で変更し、インターヴィーンorオディリックサブタを合わせています。

召喚士の動き
@抜刀
Aガーランドオブブリスを実行
Bアストラルフロウを使用 ※セリフ付きで
Cアポジーを使用
Dボルトストライク×2回
Eアストラルパッセージを使用
Fボルトストライクを連打
GMP次第でコンバートを使用

Bのアストラルフロウにセリフを入れておき、これを合図として盾にインターヴィーンorオディリックサブタを合わせてもらっています。
当初はEのアストラルパッセージの方にセリフを入れていましたが、インターヴィーンorオディリックサブタを使用する前に特殊技を撃たれる場合があったので、より早いタイミングに変更しました。
また戦闘中にコ風のマナパウダー&マナミストでMPを回復してもらっています。

醴泉島のギアスフェットCL???


Teles
構成は召召召召コ風+剣○○○にしました。
風水士がジオを設置する前にルナティックボイスを受け沈黙になったため、フレイルの発動が遅れましたが、お構いなしに削り切って無事にクリア。
ダメージカットや風水魔法耐性を持たないため、醴泉島のギアスフェットCL???の中でも特にパッセージ戦法が向いている相手かもしれません。

Zerde
ゼルデはパッセージ戦法でやる利点が無さそうなので、以前と同じく精霊構成にしました。
3/10のVUでスタン耐性が引き下げられましたが、支援はボルスターフォーカス+ランゴールとワーロックスロールのみで、スレノディやフラズル無しでもスタンのレジストはありませんでした。

Vinipata
構成は召召召召コ風+剣吟○○にしました。
最初から全員が密着して戦闘してみたところ、雑魚の範囲攻撃に反応してラムウが反撃してしまい、ララバイで寝かせた雑魚を起こしてしまって一度失敗に。
そのため召喚士は離れておくように変更し、ナラカは打弱点で火力は十分だろうと言うことでアフターマスの付与もやめ、一切近付かずに戦闘して無事にクリア。
火力はアフターマス無しでも十分に余裕があったようです。

Schah
最初は10名でやってみたところ、HPを残り2割ほど残したところでAshvaが沸いてしまい時間切れに。
火力が足りないため、召召召召コ風+剣○の8名で2回に分けて戦闘し、2戦とも50秒ほどで無事にクリア。
シャーをパッセージ戦法で倒すには、召喚士の人数/全体の人数を50%以上が1つの目安になりそうです。

Albumen
最初はラムウのボルトストライクでやってみたところ、HPを半分程度しか削れず失敗に。
ログを見返すとラムウの通常攻撃がスカスカだったので、命中不足で初段しか当たっていなかったようです。
そのため初段だけでダメージが稼げるイフリートのフレイムクラッシュに変更してやってみたところ、同じくHPを半分程度しか削れず失敗に。
風水魔法でランゴール+マレーズをしていましたが、これだけではやはり魔命が足りなかったようです。
そのため召喚士は諦め、これまで通りの精霊構成に変更してクリア。
ドメイン効果を発動させておらず、食事が赤餅だったりと命中面の伸び代はまだありますが、パッセージ戦法でやるには難易度が高そうです。

Onychophora
構成は召召召召コ風+ナ召○○にしました。
盾PTの召喚士がアストラルパッセージでミュインララバイを連打し、残りの召喚士で削る作戦です。
アストラルパッセージ終了時点でHPが少し残っていましたが、直後が火属性だったので追撃してクリア。
ボルトストライクのダメージがいまいち出ていなかったので後から調べてみると、どうやらサンドウォームは打属性のダメージを37.5%カットするようでした。
斬属性は普通に通るので、ラムウよりガルーダのプレデタークロー連打の方が良いようです。
37.5%カットなので、50%カットのシャーの練習用として使えるかもしれません。

Erinys
構成は召召召召コ風+ナ召○○にしました。
最初にナイトが全ての雑魚にヘイトを乗せること以外は、オニコフォラと同じやり方です。
風水魔法耐性があるためアストラルパッセージ終了時点でHPが少し残っていましたが、追撃してクリア。
雑魚は倒さずに放置で問題ありませんでした。

この記事へのコメント
最難関であろうシャーでPTの過半数を召にするというのは本当にいい目安かもしれませんね。
召召召コ剣風で、一人はニルなしだったのですがギリギリ削りきれました。
私はやった事がないのですが、ゼルデは学の連環衝撃連射にパッセサンダーストームで
やれたという話を聞いたので、アルブメンももしかしたらそれでやれるのかも知れません。
個人的にはもはや座して開発陣の沙汰を待つといった心境ですが、
風水魔法の調整でも相当な感情の荒波が彼らを襲ったので、
15周年企画を盛り上げるためにも水は差すまいと、ここ1〜2ヶ月は何も来ないかな〜と想像しています。
Posted by Devell at 2017年03月26日 15:50
パッセージが強いのではなくマレーズフレイルが異常なだけだと思いますけどね
レジの無い弱体である風水が効果まで最上位というのはバランス面でおかしいと思いますし、修正されるべきはこちらのほうかと
Posted by at 2017年03月27日 00:52
>Devellさん
アルブメンは魔法ダメージ-50%のようなので、物理の方が良さそうな気はします。
ドメイン効果2種有りの神符11枚で165、白餅で108、ボルスタートーパーで200、サボトゥールディストラIIIで約150、クルケッドハンターで約80命中を稼げるので、意外と何とかなるかもしれません。
ジョブ調整に一喜一憂するのもFF11の醍醐味ですね!

>下の方
ボルスター中のフレイルは特に強力なので、スマイトに意味を持たせるためにも防御力ダウンに上限を設ける可能性はあるかもしれないですね〜
Posted by Bun at 2017年03月27日 01:43
以前に召喚中心で周回してると書き込んだ者です。
私の所でも概ね同じ戦法で難なく対処してます。
召喚戦法は対ギアスフエット用だと考えてましたがオーメンでも猛威を振ってますね。
ただこちらはギミックを無視した瞬殺というわけでは無いので問題はなかろうかと思います。
しかしながらいずれこの戦法に制限が加わる事だろうと思います。
虚々実々な噂には耳を傾けずやっていくだけですねぇ。
Posted by at 2017年03月27日 08:02
個人的に一番気になるのは、元は初段のみだったダメージ補正を全段に発揮されるように変更した際に、ニルヴァーナのアフターマスを考慮していたのかどうかですね〜
考慮した上でニルヴァーナのアドバンテージを増やしたのか、気が付かなかったためにアストラルパッセージが想定以上に強化されたのかによって、対応が変わってきそうです。
Posted by Bun at 2017年03月28日 00:53
開発の傾向として、強化を入れ始めると
結構際限なく入れてしまうので、単純にミスっぽいですね
当然召喚だけの話でなく、支援等も絡んじゃいますけど
けど、今の敵のステータスでフレイルマレーズが弱体されると
片手ジョブと精霊はかなり厳しくなると思いますね
Posted by at 2017年03月28日 01:29
召喚のニルヴァーナ+パッセージの弱体を叫ぶ人は、こいつを生贄に差し出すから、マレーズフレイルの弱体は見逃してください、という魂胆が透けて見えるのが残念ですね。
正直に言えばいいのに。
Posted by at 2017年03月28日 06:59
そこが一番厄介な所ですね。
マレーズ、フレイルは無ければコンテンツ難易度が非常に高くなりますが有れば一部コンテンツは非常に楽になる。どちらにしてもバランス支軸が大きく振れてしまいます。
でもこのまま放置すると今後でる敵全てに風水耐性を付与するか強烈なギミック攻略を鍵とするモンスターばかりになるのではと思います。それは同時にジョブ縛り、格差を増長させますのでどこかで風水に制限を加え同時に他支援ジョブに能力の一部を解放するべきだと考えます。
Posted by at 2017年03月28日 07:59
バトルやジョブのバランスは、プレイヤーが気を揉んでも仕方が無いですね〜
プレイヤーとしては、その時々で有用なジョブや戦法を見付けて上手く対応していくしかないですね。
Posted by Bun at 2017年03月29日 00:24
マレーズは既にキャップがあるうえに他が実用に耐えない
一部のペットと青魔法でしか弱体方法が無いので良いとしても
せっかく武器種ごとに細かく攻防比が設定されているのを
フレイルだけで他の防御ダウン方法(スマイト含攻撃アップも)が
全て潰してしまってるのは問題に思えますね
Posted by K at 2017年03月31日 16:19
主さんとお仲間さんたちほどの一騎当千の猛者集団ならば
プランAがだめになったらB、C・・・と次の手を打てるのでしょうが
問題はプランAしか持てないひとたちなんですよね
はい、わたしですw
Posted by at 2017年03月31日 17:54
>Kさん
風水魔法に耐性を付けたり、防御力をパーセントで増加させるタイプのNMが増えるかもしれないですね〜

>下の方
召喚士は元々上げていた人もいたので、今回はラッキーでした!
私のところですぐに対応が無理そうなジョブは、からくり士とか厳しいですね('〜')
Posted by Bun at 2017年04月01日 01:05
パッセージ戦術ですが(ニル1名、無し3名、テレスは撃破できました)
ヴァニパタで躓いてしまってますが、
■戦闘順番
1.沸かせる
2.護衛を寝かせる
3.本体を引き離す
4.アスフロ+パッセの
順かと思いますが、合ってますか?

また、問題として
■問題点
1.型が夜叉になってしまい火力ダウン
 ⇒運と思って諦め??
 ⇒ミュインララバイを取り入れる??
2.火力がそこまで無いので戦闘時間が長引いてしまう(9割くらいまでは削れてます)
 ⇒装備整えればカバー可能

アドバイスいただければと思います。
Posted by 通りすがりのエル at 2017年04月29日 23:38
本体と護衛は引き離していないですね。
範囲攻撃持ちの獣使いとの混成で無ければその場で戦闘して大丈夫です。

夜叉之型はおそらくヴィニパタにかかっている弱体の数がタゲ持ちにかかっている強化の数より増えると使用するので、ディアだけ入れて素早く削り、明鏡止水を発動させれば使われることは無いと思います。
テレスを倒せていれば夜叉之型を使われない限り火力は問題ないので、沸かせ→削り開始までをなるべく短くすることを意識してやってみて下さい。
Posted by Bun at 2017年04月30日 17:48
ご返信ありがとうございます。
再度挑戦してみます。
Posted by 通りすがりのエル at 2017年05月04日 00:59
困ったときのアドバイス的にいつも質問させて頂いてますが、やっとこさシャーとアンブルメンを残すのみとなりました。

シャーなのですがメンバー的に近接構成のほうが勝てそうと考え、B,Mは完全放置戦術でやったところ、キープがキツすぎて壊滅の連続でした。

キープ盾は私で、ジョブはナイト、SV HQはありませんが、ブルトイーハン守りあたりはあります。常時イージスにしてましたが、オハンとの切り替えも必要なのかなと思いました。

近接でB,M放置戦術はネットの動画を参考にしてます。
我々の構成は以下です。
ナ白 剣戦白風コ吟
風はイドリス○
剣はライオンハート○
※エピオはありません。

戦と剣の連携相性がそれほどでもないので、次回は戦→シor竜などに変えようかと思ってます。竜はイオ持ちなのとアンゴンも有効かなと考えてます。

■見直す点
・ナ盾だと状態異常も多く食らうのでサポを魔にしてレジを少しでも狙う。
・放置護衛が多いので、せめてBも処理するようにする。相対的に敵の数も減るのでキープはある程度楽になる。デメリットとして時間がかかる。

参考にしたところは剣で護衛はキープ出来てました。

アドバイス頂けると幸いです。
Posted by 通りすがりのエル at 2017年06月18日 14:16
私自身が近接でやったことは無いので、あくまで想像になりますが・・・
ブルトとイージスがあるならBとMを放置する方法で良さそうな気がしますね。

まず複数体をキープする上で重要なのがファランクスの有無なので、詠唱中断装備を利用するなどしてファランクスを極力切らさないことが大事になってくると思います。
状態異常はサポ剣にしてもほとんどレジストは期待できないので、基本的に薬品を使って自己回復(特に呪いの回復優先)し、白には回復に専念して貰うのが良さそうです。
その場合サポートジョブはディフェンダーの使える戦士か、ワルツの使える踊り子辺りで。
カトゥラエ族の特殊技は魔法ダメージ中心なので、盾はイージス固定で良いと思います。

アタッカーはライオンハート魔剣がいるなら、極光連携のトスが出来るシ竜の方が相性は良いですね。
シャー本体までいけばキープの負担も減るので、護衛を素早く処理することも大事になりそうです。
Posted by Bun at 2017年06月19日 01:06
返答有難うございました。
しかし、再度挑戦しても呪いからの事故で思うように維持は厳しいですね。
麻痺が加わるともうにっちもさっちも(笑)

レジストを少しでも上げて回避できるなら、吟を移動での歌掛けで
耐性を上げるのも一つの手かなと考えましたが、バ系の闇ってないんでしたね。

今からエピオ魔剣は流石に時間が中々取れないので厳しいので、色々やりくりしつつ
何とか討伐したいところです。

今更感がありますが、固定メンバーで試行錯誤しながらやるのは楽しいですね!
Posted by 通りすがりのエル at 2017年06月25日 23:46
薬品を使っても難しそうですか〜
ナイトでレジストを狙うのは厳しいので、別方向からアプローチするしか無さそうですね。
私の初挑戦時も一番苦労したのはシャーでした。勝てるように応援しています!
Posted by Bun at 2017年06月26日 07:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。