2017年05月28日

ドレインIIIのHP吸収量

ラトリソルレットの実装で暗黒騎士の新たな可能性が生まれましたね。

ラトリソルレットとドレインIII


ドレインIIIによるHPmaxアップの効果時間はデフォルトで180秒で、ここにレリック装束頭のダークシール効果アップ(メリポ5振りで効果時間+50%)を加えた270秒がこれまで最長の効果時間でした。
そこに今月のVUでラトリソルレットが実装され、これに付与されている「暗黒魔法の効果時間+20%」で更に伸ばせるようになり、現在では180秒×1.7=306秒(5分6秒)まで持つようになりました。(HQは更に上)

効果時間が5分を超えたことがポイントで、どちらも5分リキャストであるダークシール(暗黒魔法限定の精霊の印のようなもの)とネザーヴォイド(暗黒魔法の吸収量アップ)を毎回使用することが可能になりました。
そのためディスペルで消されない限りは常時かなりのHP量を確保出来るようになり、かつて一世を風靡したモンクのマントラと同じく、戦闘不能になりにくいアタッカーとして運用出来るようになっています。

ドレインIIIのHP吸収量


肝心のドレインIIIのHP吸収量ですが、ちゃんとした検証が見付からなかったので自分で調べてみることに。
検証はアビセアエリアで、支援効果を手動で切ってもすぐに復活することを利用し、HP支援を手動で切ってドレインIIIをひたすら撃ち続けてみました。
暗黒魔法スキル500でドレインIIIを67回撃った時の吸収量が以下です。※レジストは除く

最大値:900
最小値:683


おそらく900が最大値ピッタリで、計算式は暗黒魔法スキル×1.8になっているようです。
ドレイン&アスピル共通の仕様としてランダムで吸収量に補正がかかるので、この結果を見るとドレインIIIの補正は100%〜75%の間(暗黒魔法スキル500での最小値は675)になっている可能性が高そうですね。

おまけ


ついでにドレインI〜II、アスピルI〜IIIもチェック。
こちらは既に検証がされているようで、ドレインII以外は結果が一致しました。
ドレインIIは吸収量が増えていたので、どこかのVUで強化されたようです。
Forumを見てみると2015年9月16日のVUで効果時間&吸収量共に強化され、吸収量の増加だけVU情報に記載し忘れた可能性が高いのかなと思います。
以下に吸収量をまとめ。

ドレイン
吸収量:暗黒魔法スキル×0.9
乱数:100%〜50%

ドレインII
吸収量:暗黒魔法スキル×1.35
乱数:100%〜66.66%(2/3)

ドレインIII
吸収量:暗黒魔法スキル×1.8
乱数:100%〜75%

アスピル
吸収量:暗黒魔法スキル×0.4
乱数:100%〜50%

アスピルII
吸収量:暗黒魔法スキル×0.6
乱数:100%〜50%

アスピルIII
吸収量:暗黒魔法スキル×0.8
乱数:100%〜50%

暗黒魔法スキル300以下では計算式が変化するようですが、ここでは割愛。
以前は暗黒魔法スキル500が上限でしたが、2015年5月14日のVUで引き上げられたようです。(多分700?)

ドレインIII装備


ダークシール&ネザーヴォイドの使用を前提として、HPmaxアップの効果時間を5分以上持たせつつHP吸収量をなるべく増加させようとすると、以下の組み合わせが良さそうです。

矢弾:ペムフレドタスラム
頭:FLバーゴネット+1(ダークシール効果アップ)
首:エーラペンダント(暗黒魔法スキル+10 ドレインとアスピル吸収量+5)
左耳:ヒルディネアピアス(ドレインとアスピルの効果アップ) ※+3
右耳:ダークピアス(暗黒魔法スキル+3)
胴:ヨリウムキュイラスorアクロサーコート(ドレインとアスピル吸収量+7) ※オーグメント最高値
両手:FLガントレット+1(暗黒魔法スキル+14 ドレインとアスピル吸収量+12)
左手の指:エバネセンスリング(暗黒魔法スキル+10 ドレインとアスピル吸収量+10)
右手の指:アルコンリング(闇属性魔攻+5)
背:デオルクネスマント(暗黒魔法スキル+10 ドレインとアスピル吸収量+25) ※オーグメント最高値
腰:オステリベルト+1(ドレインとアスピル吸収量+5)
両脚:ヨリウムクウィスorアクロブリーチズ(ドレインとアスピル吸収量+7) ※オーグメント最高値
両足:ラトリソルレット(暗黒魔法の効果時間+20%)

ネザーヴォイド使用時
両脚:HTフランチャ+1(ネザーヴォイド+35)
ジョブポイント:ネザーヴォイド効果アップ(ネザーヴォイド+40)

合計:暗黒魔法スキル516 ドレインとアスピル吸収量+74 闇属性魔攻+5 ネザーヴォイド+75

HP吸収量を計算してみると

516(暗黒魔法スキル)×1.8(係数)×1.74(ドレインとアスピル吸収量)×1.05(闇属性魔攻)×2.25(ネザーヴォイド)=3818
3818×0.75(乱数)=2863

となり、HP吸収量は2863〜3818になりました。
実際のHP増加量は最大HPを超えた分だけなので、通常装備とのHP差によってはもう少し下がりそうですね。
全部揃えようとすると鞄の空きとの相談になりますが、HPを1000増やして3000を超えるだけでも大分違うと思うので、効果時間が伸びる頭足だけでも用意しておくと役に立ちそうです。

posted by Bun at 12:00 | Comment(6) | ジョブ 暗黒騎士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HTフランチャ+1はアビ発動時に装備していれば外しても+35効果を得られるので、
暗黒魔法スキル20よりオグメのドレアス効果+のほうが良さそうじゃないですかね?
Posted by k at 2017年05月28日 18:35
おぉ、ネザーヴォイド効果アップはアビリティ発動時に装備していればokなのですね!
前にも魔導剣士で同じ間違いをしていた記憶が・・・w
ジョブポイントのネザーヴォイド効果アップも忘れていたので、それと合わせて修正しておきました。
Posted by Bun at 2017年05月29日 00:30
妖蟲の髪飾り+1は変化なし?
Posted by at 2017年05月29日 22:18
頭はダークシール効果アップで効果時間延長の部位なので、なるべくこちらを優先ですね!
Posted by Bun at 2017年05月30日 00:01
3013×0.75(乱数)=2863
↑3818の間違いかな?
Posted by at 2017年06月25日 20:13
おっと、修正しておきました!
Posted by Bun at 2017年06月26日 07:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。