2017年08月01日

エスカッション進行 革細工編

AFの強化などに使用するフォルピの合成皮の「フォルピ」は、革細工ギルドマスターの名前だそうですね。

職人ポイント


職人ポイントは革細工セット75(タイガーマント)と革細工セット85(クァールマント)を作って貯めました。
レシピは以下です。

革細工セット75
凍結のクリスタル
黒虎の毛皮 + 毛糸


革細工セット85
凍結のクリスタル
クァールの毛皮 + 毛糸


毛皮はどちらもギルドの入荷品で、入荷数は共に6個/ヴァナ1日で在庫上限数が90個、底値は黒虎の毛皮が1312G、クァールの毛皮が2700Gです。
誰も買わなければ約15時間で在庫が上限に戻るため、底値で購入出来る機会は多いと思います。

精魂度


第1段階&第2段階


第1段階と第2段階は以下4種類のレシピを利用しました。

羊毛:風のクリスタル + 大羊の毛皮×2
レザーバンダナ:風のクリスタル + 革細工キット5
レザーベスト:土のクリスタル + 革細工キット10
リザードヘルム:土のクリスタル + 革細工キット15


使用するクリスタルが手に入りやすい風と土だったので、値段の安い合成キットを使用。
完成品が嵩張るのが玉に瑕です。

第3段階


以下5種類のレシピを利用しました。

「素人」「見習」
羊毛:風のクリスタル + 大羊の毛皮×2
レザーベスト:土のクリスタル + 革細工キット10


「印可」「高弟」
スミロドンの革:闇のクリスタル + スミロドンの毛皮×3 + ウィンダス茶葉×3 + 蒸留水 + タンニングバット
革細工セット75:凍結のクリスタル + 黒虎の毛皮 + 毛糸

「皆伝」
革細工セット85:凍結のクリスタル + クァールの毛皮 + 毛糸

スミロドンの革はギルドマスターからの課題を兼ねていて、精魂度95%ぐらいで必要数に達したので、以降は他の4種類のみに変更しています。
スミロドンの革で精魂度上昇ボーナス条件の「素材を○個以上使用」が全て満たせたこともあり、今回は合成成功率-が1度も付くことなく100%まで上げ切ることが出来ました。

エスカッション6種類目にして今更ですが、精魂度上げの第3段階は精魂度上昇ボーナス条件を満たす関係上同じレシピを連続して座ることがあるので、5種類以上をローテーションさせた方が良いですね。
こうすることで間に4種類別の合成を挟むため、下がってしまった精魂度上昇量が元に戻るようです。

ギルドマスターからの課題


第2段階


ポイントになりそうな(なった)部分は以下です。

革細工セット66
素材は全てギルドで購入して加工。

ウィヴルシールド
鎧竜の装甲はエミネンスでウィヴルシールドを交換して分解。
NQで取れるようなので初志の指輪を付けて分解しました。

フェラルグローブ
素材は全てギルドで購入して加工。

シルクパンプス+1
拡大眼鏡+裁縫師エプロン+裁縫師トルク+スピニングホイール+上級サポートがあれば+31を満たせるので、先にこれらを用意してから合成しました。

第3段階


選んだレシピは以下です。

カーディナルベスト32個
有翼獅子の毛皮はアビセア-タロンギのHieracosphinx(ドロップ率は約15%)を狩って調達。
その他の素材はギルドで購入して加工。

タイガートラウザ
下地のクイルトラウザは革細工キット45を購入して加工。
今回は運良くWolden-Bolden(職人ポイントのNPC)の在庫があったため安く買えましたが、Cletae(定額販売のNPC)から購入するとやや割高です。

スタージベルト100個
蝙蝠薬用のコウモリの牙はフェ・インのUnderworld BatsとCamazotzを狩って調達。
ドロップの期待値はどちらも1個(100%ドロップではなく0〜2個なので要トレハン)です。
その他の素材はギルドで購入して加工。

スミロドンの革400個
野牛の毛皮はギルドで購入すると高く、カトブレパスの毛皮はタンニング未対応なのでこれをチョイス。

posted by Bun at 12:00 | Comment(0) | 合成・釣り・生産系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。