2017年11月02日

侍装備@2017.10.11Ver

乾闥婆とフラマを両方装備出来るのは侍だけ!

※ステータスは侍/戦のエルヴァーンでジョブマスターでの数値です。

通常装備


メインウェポン:正宗
サブウェポン:ウトゥグリップ
矢弾:銀銭
頭:フラマツッケット+2
首:月明の喉輪
左耳:セサンスピアス
右耳:テロスピアス
胴:乾闥婆作務衣
両手:極脇戸筒篭手
左手の指:ニックマドゥリング
右手の指:ペトロフリング
背:スメルトリオマント(DEX+30 命中+20 攻+20 ダブルアタック+10)
腰:イオスケハベルト+1
両脚:乾闥婆筒袴
両足:フラマガンビエラ+2

命中1228 ヘイスト31% 平均ターン数2.60(WS後4振り) ※命中は八双込み

以下に部位ごとの所見を。

メインウェポン
場面に応じて正宗と童子切安綱の2択になると思います。
比較はこの記事の後半で。

サブウェポン
命中・火力の両面でウトゥグリップ一択です。

矢弾
命中・火力のバランスを考えると銀銭が無難だと思います。
より命中が必要であればアマークラスターで。


命中・火力の両面でフラマツッケット+2一択です。


装備の候補と命中・DPSの関係が以下になります。

命中25.0 DPS5557.764 WS平均ダメージ21580:月光の喉輪
命中20.0 DPS5537.101 WS平均ダメージ21490:月明の喉輪
命中*0.0 DPS5536.167 WS平均ダメージ21144:ガネーシャマーラー

TP:ダメージ修正のWSが主力なため、ストアTPの効果が大きめです。


命中・火力のバランスを考えるとセサンスピアス&テロスピアスが無難だと思います。


装備の候補と命中・DPSの関係が以下になります。

命中81.25 DPS5579.171 WS平均ダメージ21526:乾闥婆作務衣改
命中67.50 DPS5537.101 WS平均ダメージ21490:乾闥婆作務衣
命中67.50 DPS5519.758 WS平均ダメージ21490:デーゴンブレスト

乾闥婆作務衣は侍にとっても優秀ですね。

両手
侍は攻撃間隔短縮上限を達成するために装備で八双を補う必要があり、候補は極脇戸筒篭手・春日板佩楯改・極脇戸筒脛当の3種類になります。
装備自体の性能・同部位の他装備との差を考えると、現状は両手の極脇戸筒篭手が無難です。


片方はニックマドゥリングが鉄板で、命中が必要な場合でもここを変更するのは最後の方になります。
もう片方の候補と命中・DPSの関係が以下になります。

命中22.50 DPS5471.127 WS平均ダメージ21138:王将の指輪
命中12.00 DPS5522.411 WS平均ダメージ21472:フラマリング ※命中はコンビネーション込み
命中*7.50 DPS5522.411 WS平均ダメージ21472:イラブラットリング
命中*2.25 DPS5537.101 WS平均ダメージ21490:ペトロフリング
命中*0.00 DPS5539.645 WS平均ダメージ21222:ヘタイロイリング

各装備にあまり差が無いので必要命中に応じてお好みで。


WS後3振りで調整すると弱くなってしまうため、1人連携目的でなければダブルアタックで。


命中・火力の両面でイオスケハベルト+1一択です。

両脚
装備の候補と命中・DPSの関係が以下になります。

命中54.75 DPS5579.171 WS平均ダメージ21526:乾闥婆筒袴改
命中41.00 DPS5537.101 WS平均ダメージ21490:乾闥婆筒袴
命中30.00 DPS5504.830 WS平均ダメージ21461:バロラスホーズ(命中+30 攻+30 ダブルアタック+5)

両脚も乾闥婆が優秀です。

両足
装備の候補と命中・DPSの関係が以下になります。

命中81.00 DPS5548.530 WS平均ダメージ21168:乾闥婆脛当改
命中73.50 DPS5537.101 WS平均ダメージ21490:フラマガンビエラ+2 ※命中はコンビネーション込み
命中67.25 DPS5504.727 WS平均ダメージ21126:乾闥婆脛当
命中57.00 DPS5545.224 WS平均ダメージ21371:バロラスグリーヴ(命中+30 攻+30 ダブルアタック+5)

両足はどれもいい勝負ですが、命中面と入手の難易度的にフラマガンビエラ+2がオススメです。

WS装備


メインウェポン:正宗
サブウェポン:ウトゥグリップ
矢弾:ノブキエリ
頭:バロラスマスク(命中+30 攻+30 ウェポンスキルのダメージ+5%)
首:フォシャゴルゲット
左耳:イシュヴァラピアス
右耳:胡蝶のイヤリング(命中+4 TPボーナス+250)
胴:バロラスメイル(命中+30 攻+30 ウェポンスキルのダメージ+5%)
両手:バロラスミトン(命中+30 攻+30 ウェポンスキルのダメージ+5%)
左手の指:ニックマドゥリング
右手の指:王将の指輪
背:スメルトリオマント(STR+30 命中+20 攻+20 ウェポンスキルのダメージ+10%)
腰:フォシャベルト
両脚:極脇戸板佩楯
両足:バロラスグリーヴ(命中+30 攻+30 ウェポンスキルのダメージ+5%)

命中1164 WS平均ダメージ21490

マルチアタックは捨てて初段の命中補正に頼った調整です。
侍はアンバス装備とAF119+3のWSD+が被っていてオーグメントが必要な部位が多いので、レリック装束の打ち直しに期待ですね。

WS後3振り調整


正宗
メインウェポン:正宗
サブウェポン:ウトゥグリップ
矢弾:銀銭
頭:フラマツッケット+2
首:月明の喉輪
左耳:セサンスピアス
右耳:テロスピアス
胴:春日胴丸改
両手:極脇戸筒篭手
左手の指:ニックマドゥリング
右手の指:ペトロフリング
背:スメルトリオマント(DEX+30 命中+20 攻+20 ストアTP+10)
腰:イオスケハベルト+1
両脚:極脇戸板佩楯
両足:フラマガンビエラ+2

命中1233 ヘイスト26% 平均ターン数2.14(WS後3振り) ※命中は八双込み

童子切安綱
メインウェポン:童子切安綱
サブウェポン:ウトゥグリップ
矢弾:銀銭
頭:フラマツッケット+2
首:月明の喉輪
左耳:セサンスピアス
右耳:テロスピアス
胴:春日胴丸改
両手:極脇戸筒篭手
左手の指:ニックマドゥリング
右手の指:ペトロフリング
背:スメルトリオマント(DEX+30 命中+20 攻+20 ダブルアタック+10)
腰:イオスケハベルト+1
両脚:乾闥婆筒袴
両足:フラマガンビエラ+2

命中1210 ヘイスト29% 平均ターン数2.04(WS後3振り) ※命中は八双込み

比較
DPS5537.101 WS平均ダメージ21490:正宗(AM3・WS後4振り)
DPS5317.481 WS平均ダメージ20278:正宗(AM3・WS後3振り)
DPS5137.062 WS平均ダメージ24044:童子切安綱(WS後3振り)
DPS5089.663 WS平均ダメージ21490:正宗(AM1・WS後4振り)
DPS5017.742 WS平均ダメージ25681:童子切安綱(WS後4振り)
DPS4947.524 WS平均ダメージ20278:正宗(AM1・WS後3振り)

正宗はWS後3振りより4振りの方が強く、童子切安綱はWS後4振りより3振りの方が強くなっています。
これは正宗の隔が短くWS後3振りを目指すとマルチアタックが大きく犠牲になってしまうのに対し、童子切安綱は隔が通常でストアTPも付いているため、あまり無理なくWS後3振りを達成出来るためです。

使い分けとしては、通常の前衛2人PTで連携を行う場合はWS後4振りの正宗、ソロなどアタッカーが侍1人で削る場合はWS後3振りの童子切安綱が良いと思います。
理由としてPTで連携を行う場合はWS後4振りでも問題なく間に合いますし、童子切安綱はTPボーナスがありTPを貯めた場合のロスが大きいため、通常のPT戦では正宗が有利です。
逆に1人連携を行う場合はWS後3振りの方が安定しますし、TP1000で即打ちした場合の威力はTPボーナスのある童子切安綱の方が上です。

ちなみに小鴉丸は装備でのマルチアタックが豊富になった現状、火力面でのメリットはありません。
ただし「心眼効果アップ 」が強力で、星眼&心眼をしておけば通常の攻撃間隔の敵なら通常攻撃をほぼ無効化出来るので、防御目的で役立つ場面があるかもしれません。

posted by Bun at 20:00 | Comment(16) | ジョブ 侍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もはや小鴉丸ではイオエンピに追従できませんかね?
頭:フラマ
胴:乾闥婆
手:極脇戸
脚:乾闥婆
足:バロラスSTP
背:STP
腰:ウィンバフ+1
あたりでWS後3振りの上、AM3含めるとTA率40%近いチューニングができると思いますが。
Posted by at 2017年11月02日 23:28
童子切安綱の装備なのですが、

胴:乾闥婆
脚:龍王D

だとDPS下がりますか?
Posted by at 2017年11月03日 21:24
>上の方
その組み合わせで命中1196 DPS4982.556 WS平均ダメージ21782でした。
天の村雲ほど大きな差がある訳ではありませんが、敢えて小鴉丸を選択する理由が見付からない感じですね。

>下の方
龍王筒袴(NQ)で命中1184 DPS5161.028 WS平均ダメージ24140、龍王筒袴改(HQ)で命中1189 DPS5185.786 WS平均ダメージ24253でした。
火力は上がるので必要命中次第という感じですね〜
Posted by Bun at 2017年11月04日 01:02
いつも丁寧な回答を頂き、ありがとうございました!
Posted by at 2017年11月04日 02:23
エースジョブが好きで、暗黒、侍と、とても参考になりました。
最後のエースである竜騎士についても楽しみに待っています!
Posted by りふぃる at 2017年11月05日 13:21
ぼちぼち白もお願いします
Posted by at 2017年11月05日 19:42
>りふぃるさん
VUを挟むかもしれませんが、竜騎士もまたその内に!

>下の方
白もいつかということで、あまり期待せずに待っていてください('〜')
Posted by Bun at 2017年11月06日 00:25
竜だとRMEAでどれほどの差があるのか楽しみにしております
Posted by at 2017年11月07日 21:46
通常でフラマリングでなく、ペトロフリングを使用しているのはなぜですか
フラマ+2を2部位使っているならDA1以外ほとんど上回ると思うのですが
Posted by at 2017年11月08日 08:31
フラマリングは単純に存在を忘れていました!ので暗黒と侍の記事に追加しておきました。
フラマ装備と併用すれば命中的にも優れているので、十分選択肢に入ると思います!
Posted by Bun at 2017年11月09日 00:47
侍はAF手のおかげで腰はサリサフロイベルトでもヘイストキャップしますよね?
命中が1200でも十分な場合DPSはイオスケハNQとどっちが上でしょうか?
良ければHQとの比較もお願いします

Posted by 倉庫漁りが趣味 at 2017年12月20日 18:54
イオスケハベルト+1>イオスケハベルト>サリサフロイベルトでした。
サリサフロイベルトはもう少しマルチアタックが欲しいところですね。

また試しにウィンバフベルト+1で試してみたところ、極脇戸筒篭手使用&装備ヘイストが23%以上ならウィンバフベルト+1>イオスケハベルト+1になったので、命中に問題が無い場合はこちらの方が良さそうです。
この記事の装備だと正宗のWS後4振り調整はそのまま腰をウィンバフベルト+1に変更出来ます。
Posted by Bun at 2017年12月22日 00:37
追加の調査までしてくれてありがとうございます
ヘイストと高いマルチ stp 魔回避が両立できる侍のポテンシャルは両手でも抜きん出てますね
これはスマイトはあげられませんわ
Posted by 倉庫漁り at 2017年12月22日 05:15
WS初段命中補正に頼った装備なのに、2段目以降の命中率も95%で計算されてしまっているような気がします
ほぼ同じ装備で攻防比キャップした敵に不動を撃ってもこちらの平均よりかなり低めな平均が出てしまう。。。
Posted by at 2018年04月04日 21:58
確かにマルチアタック分も命中率がキャップした状態で計算していますが、WS装備のマルチアタック自体が少なめなので外れてもそこまでダメージに差は出ないと思います。
一番影響が大きいのは正正堂堂の有無で、この記事は正正堂堂込みの数値なのでその差が出ているのかもしれません。
Posted by Bun at 2018年04月05日 00:43
固定D*攻防関数が2400位なはずなのでDA12+QA3でマルチアタック分は900〜1000ほどでしょうか
言われてみるとそこまでの差でもない気がしますね
返答ありがとうございました
Posted by at 2018年04月05日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。