2017年12月12日

デュナミス-バストゥーク〔D〕に行ってみた

ボスの顔だけ拝んできました。

共通


基本的な仕様はデュナミス-サンドリア〔D〕と同じのようです。
石像の名前はLithicthrower Imageで、目の色による変化もそのままでした。
※目の色によって属性耐性が変化する模様。青目で火風雷光、緑目で氷土水闇に耐性?

目が光らない石像からAurix(ゴブリン)が出現するのも同じで、今回もHP約66%と約33%で逃走したため、同じWaveで3回遭遇しないと倒すことは出来ないようです。

デュナミス-サンドリア〔D〕と違うのはモンスターの名前で、ジョブは以下のようになっていました。

Weaponmaster:戦/暗
Combatant:モ/か
Mender:白/召
Magister:黒/学
Magician:赤/剣
Trickster:シ/踊
Cavalier:ナ/竜
Harnesser:獣/狩
Balladeer:吟/侍
Shadowstalker:忍/青
Scallywag:コ/学

ジョブの組み合わせ自体はデュナミス-サンドリア〔D〕と同じです。
赤目の石像には手を出さなかったため、NMの名前はまだ不明です。

Wave1


中ボスは「Mu'Sha Effigy」という名前の大きな石像で、商業区への出入り口前に配置されていました。
使用技は「鉛のため息」(前方範囲ヘヴィ)と「サイズモストンプ」(自身中心範囲物理ダメージ+スタン)のみで、物理ダメージに耐性がある点も同じなので、デュナミス-サンドリア〔D〕の中ボスと同じ感覚で倒せると思います。
弱点属性は変更が無ければクゥダフ・石像共に雷のはずです。

NMが出現する赤目の石像は以下の場所で確認しました。

・モグハウス前
・チョコボ厩舎前
・ツェールン鉱山前
・競売所とツェールン鉱山の間にあるゲートの2階テラス部分

Wave2


ボスは「Ka'Rho Fearsinger」という名前のクゥダフで、モグハウス前に配置されていました。
今回は戦闘出来なかったので、使用技やギミック等は確認出来ず。
NMが出現する赤目の石像は以下の場所で確認しました。

・ツェールン鉱山前

レリック装束119+の強化素材


両手の強化素材は以下でした。

IL119+2:手具の破片2個、バズテヴィアの針3個、ギルド素材1個
IL119+3:手具の破片3個、闇の手具3個、マスイルの装甲3個


以前に予想した通りだったので、残りの部位も合っていそうですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。