2018年02月07日

3人でメナスインスペクター マリアミ渓谷編

実は3キャラで一番多く通っていたメナスインスペクターがマリアミ渓谷でした。
これはイェットシーラ+1を狙っていたためで、今でも倉庫にイェットシーラNQが大量に眠っています。

マリアミ渓谷編


構成は剣学風がオススメで、フェイスは特に必要ありません。
学者自身が連携作成→MBを行うため精霊装備が必要で、5系→4系とMB出来るよう連携のマクロは〆を計略で作る必要があります。

Broxa
普段は被ダメージ-90%で、オウム返し中のみダメージカットが解除されるというギミックを持っています。
オウム返しをしてくるのは「計略を除く」精霊魔法なので、風門の計→ストーンという感じでトスを計略、〆を精霊I系で作った切断連携のマクロを用意し、ワンテンポを置いてストーンVでMBを行います。
コリブリは赤魔道士で魔防がやや高いので、一発で倒せるようここでサークルエンリッチを使用します。

Plaguevein Bats、Hakawai
3人なら敵のHPが少ないので、どちらも重力連携→ストーンVのMB一発で倒すことが出来ます。
Hakawaiは弱体ガ系魔法を使ってくるので巻き込まれないよう距離には注意で。

Ironbeak Inguza、Podarge
後半の2体はHPが増えるので、重力連携→ストーンV→ストーンIVとMBを2発入れます。
Ironbeak Inguzaは視線技持ちなので後ろを向いて戦闘で。

雑魚のタゲ切り
第1区画の雑魚はタゲを切らずに進行し、Hakawaiを倒した後Ironbeak Inguzaまで移動する際に最初のタゲ切りを行います。
2回目のタゲ切りはPodargeを倒した後ボスまで移動する際に行い、この時最初にタゲ切りした雑魚が進路上に残っている場合があるため、盾役が先頭を走るようにします。

Cailimh
ボスはHPが多いので、ここで風水士のグローリーブレイズと魔導剣士のガンビットで支援をします。
上記の支援があれば学者の重力連携→ストーンV→ストーンIVのMB1セットで倒すことが出来ます。

人数を増やす場合は黒魔道士などMB役を入れれば所要時間が変わらずにクリア出来ると思います。
ちなみにIronbeak Inguza以外は全てMP持ちなのでアスピルでMPを補給することが可能です。

この記事へのコメント
更新お疲れ様です!
計がオウム返しされないのはしらなくて、古代ばっかこだわってました。
参考になります!
Posted by 抹茶団子 at 2018年02月08日 19:36
精霊構成の場合工夫がいるのはコリブリだけですね!
Posted by Bun at 2018年02月09日 00:41
現行の学者装備について時間あるときにでも記事にお願いします。
Posted by 学者見習い at 2018年02月11日 19:10
私の学者装備は結構適当な感じです('〜')
中途半端な物を見せてもアレなので、見直してみて良い具合に仕上がれば公開という形で!
Posted by Bun at 2018年02月12日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。