2018年02月10日

デュナミス-ウィンダス〔D〕に行ってみた

ボスのHP残り@1ミリで敗退してきました('〜')

共通


今回は最初から大ボスを狙って精霊構成で突入してきました。
石像の名前はIncarnation Iconで、目の色のギミックで確認出来た物が以下になります。

青目:物理ダメージ(シールドバッシュ)約0.56倍、魔法ダメージ(氷属性)約1.2倍?
緑目:物理ダメージ(シールドバッシュ)約1.2倍、魔法ダメージ(氷属性)約0.56倍?

青目の時に魔法が通り、緑目の時に物理が通るという点はサンドリアと同じになっていました。
ただしもぎヴァナで「目の色のギミックは新パターンを用意した」と言っていたので、それだけではなく物理属性ごとなどで細かく分かれているのかもしれません。
とりあえず精霊構成では青目の時に釣って氷属性で攻めれば問題はありませんでした。

確認出来たモンスターの名前とジョブの関係は以下のようになっています。

Hoplite:戦/暗
Ascetic:モ/か
Orisha:白/召
Magian:黒/風
Prognosticator:赤/剣
Ruffian:シ/踊
Champion:ナ/竜
Empath:獣/狩
Minnesinger:吟/侍
Spy:忍/青
Privateer:コ/学

Wave1


大ボスの配置場所はサンドリアやバストゥークと同じくモグハウス前だろうと予想し、中ボスのいる水の区へのエリア境界からモグハウス前までを殲滅して進むことに。
基本は青目で釣って寝かせてから範囲魔法で、微塵がくれが危険な忍者とあやつるが危険な獣使いは連携MBで処理していきました。

モグハウス前の通路には赤目の石像が1体配置されており、感知させるとRuffian Leader(シ/踊)とSpy Leader(忍/青)が出現。
今までの2箇所は雑魚とNMで別の名前が設定されていましたが、今回のウィンダスは共通のようです。
NMは通常の特殊技に加えて死の宣告を使用してきましたが、特に問題無く撃破。

そこから先には石像が配置されていなかったので、モグハウス前まで中ボスを運んできて戦闘。
今回も中ボスは精霊構成なら苦戦することなく、連携MB3セットで撃破。

Wave2


大ボスの出現に備えてモグハウス前で待機していたところ、出現と同時に感知されてなし崩しに戦闘開始。
出現場所はモグハウス入口の真正面なので、待機場所はモグハウス前広場の左右どちらかが良さそうです。
名前はFii Pexu the Eternalで、確認出来た魔法とアビリティ、特殊技が以下になります。

魔法
エアロガIV(HP50%まで)
エアロジャ(HP50%から)
ストンガIV(HP50%まで)
ストンジャ(HP50%から)
アスピルII
アブゾタック
アブゾアトリ
ドレッドスパイク

HP50%まで(エフェクト未発生時)
マイティストライク
百烈拳
ブラッドウェポン
羽根吹雪:単体/物理ダメージ+毒
飛燕双脚:単体/物理ダメージ+スタン
草払い:自身中心範囲/物理ダメージ+スタン
雄叫び:自身中心範囲/ウォークライ
受け流し:敵自身/回避率アップ

HP50%から(エフェクト発生時)
フレーリングブロウ:マイティストライク+与ダメージ1.5倍
サウザンドフィスト:百烈拳+通常攻撃に状態異常(毒・麻痺・暗闇・静寂・悪疫)
プリスティーンイベージョン:不明 ※おそらく絶対回避上位?
サングィンブレッシング:ブラッドウェポン+HP吸収量20倍
フェザーフュシレード:単体/物理ダメージ+毒+バイオ
ダブルパント:単体/物理ダメージ+テラー+ノックバック
ストローク:自身中心範囲/物理ダメージ+スタン ※広範囲
ヴォーティコスサンズ:自身中心範囲/魔法ダメージ+静寂+1部位脱衣+ノックバック ※広範囲
死の宣告:単体/死の宣告
ガッタラルロア:自身中心範囲/攻撃力アップ+α?
リポスト:敵自身/回避率アップ+リジェネ

HPを50%まで削るとエフェクトが発生し、以降はSPアビリティと特殊技が強化された物に変化します。
またエフェクト発生中はインヒビットTPのスフィアが展開されます。
SPアビリティ(強化版含む)は時間経過(2〜3分間隔)で使用してくるようです。

今回は初めて魔法を使ってくるタイプで、INTが高めなのか精霊ダメージの通りはイマイチでした。
魔法の射程ギリギリに立っても届く特殊技はHP50%から使用してくるストロークとヴォーティコスサンズの2種類で、ストロークは物理の大ダメージなので今までと同じく警戒のスケルツォや大地の鎧、防御力アップ系支援での対策が必要になると思います。
ヴォーティコスサンズはダメージこそ大したことはありませんが、静寂とノックバック付きなので精霊構成との相性が良くない感じでした。

今回一番の問題になったのはリポストに付いているリジェネで、黒魔道士2人の構成ではSPアビリティが終了した後の火力が足りず、時間切れになってしまいました。
リジェネの回復量はかなり多めで、目視でHPバーが徐々に増えていくのが分かるレベルです。
途中でリジェネに気付いたため解除を試みたのですが、闇耐性が下げられたとは言え印無しではディスペルがほとんど通らず、やっと消えたかと思えばすぐに再使用されての繰り返しでした。
おそらく光属性の魔法のフィナーレなら通りやすいはずなので、大人数でのゴリ押しで無ければ吟遊詩人入りの構成にするのが良いと思います。

またシールドバッシュで調べた限り物理ダメージカットは発生していなかったので、物理構成でやるのも有りかもしれません。
その場合近接構成だとドレッドスパイクが危険なので、やるなら狩人構成が良いかなと思っています。

この記事へのコメント
調査ありがとうございます。気になるボスの闇耐性は30%でした。
これではディスペル、フラズルは依然として厳しいですね。
しかも今回はアトリでプロシェルを吸う上に、後半にそんな強力リジェネまであったとは…。
せめて光と同じ50%を期待していたのですが、これではレイク印メルトンできるとはいえ喜びにくいですね。
エーサーウェルがなくなってインパクトできないのもマイナス。
フィナーレ必須なら、仰る通り狩が一番噛み合いそうですね。
盾役は魔光草を背負えばデコイショットできそうです。

狭い通路状エリアなので身構えていましたが、wave2は思ったより敵の配置がまばらでした。
モグ前のスペースは階下にボスがいるのみで屋根付き通路まで石像の配置は一切なし。
更に橋上はガラガラで、その踊り場が赤石像の専用スペースのようになっていました。
通常の石像は競売や家屋などの島に固まっているみたいですね。コの単独行動がやりにくそうでした。
Posted by Devell at 2018年02月10日 09:54
遠隔突は青目の方が通りがよかったので打格突斬を青と緑に振り分けてる感じでしょうか?
Posted by くそたる at 2018年02月10日 23:17
>Devellさん
ダイバー・アンバスと調査が早いですね!
石像は釣ると別の石像が追加でポップする物があるとの情報を見かけたので、今回は結構パターンを変えてきたのかもしれません。
敵の密集度で言えば次のジュノが一番きつそうですね〜

>くそたるさん
遠隔は青目でしたか〜。物理属性ごとの可能性が高そうですね!
Posted by Bun at 2018年02月11日 00:27
鬼門のリポストがディストラIIIで無効になるので
かなり楽にたたかえました^^
Posted by RED at 2018年02月11日 22:55
回避率アップが無効になればリジェネも発動しないタイプでしょうか。
だとすれば赤魔道士もなかなか良さそうですね!
Posted by Bun at 2018年02月12日 00:51
ディストラ1でもリジェネWSが無効化できました
でも結局あれこれ強化されるので小まめなディスペルフィナーレは必要ですね
Posted by K at 2018年02月15日 11:03
ディストラは氷属性なのでまだ入れやすそうですね〜
他の方の報告を見るに、ガッタラルロアにリゲインが付いている感じでしょうか。
Posted by Bun at 2018年02月17日 00:19
いつも見ているだけなので、たまには貢献を。

他の人の主催の削りが狩黒混成(カラカラの闇に氷MB)で時間切れ、自分たちの主催の
精霊構成で勝利しました。

狩黒混成の方の直接の敗因はリジェネを消せなかったことです。いろいろフィルターし
てたり記憶がとんだりしてますが、唯一の詩人が狩パーティにいて同じパーティの風水
がフォーカスしてなかったのかもと想像できます。

また、敵のWSの頻度が非常に高かった印象でした。リゲインを消していないという以外
に与TPが多かったのではないかと思いました。

精霊構成は、黒パーティが黒黒黒詩風学、他に風学で削りました。ここまでジョブをそ
ろえられるならやることは他と同じです。感触にすぎませんが、黒がしっかりしていれ
ば黒2でもいけそう、さらに風1にしたらきついかもという感じです。

どのWSでリゲインがつくかは確認していませんが、フィナーレで消したログは確認しま
した。精霊構成では、敵WSの頻度は低く、狩黒混成のときに比べて非常におとなしい印
象でした。

なお、黒パーティ等はサポ忍で物理WS(ほぼ)ノーダメ。静寂やノックバックは距離で
逃げるのが困難なのでそのまま受けました。
Posted by N at 2018年02月17日 05:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。