2018年02月25日

黒魔道士用DPSシートの修正

精霊魔法のダメージ計算が出来るDPSシートの修正方法をまとめてみました。
元のシートはFFXI DPS Spreadsheetsからダウンロードすることが出来ます。

修正箇所


初期状態のシートから修正する箇所を順番に説明していきます。

メリットポイントの拡張
SetupシートのB13〜B16がメリットポイントのステータス項目になっています。
初期状態だと上限が12に設定されているので、エクセルのメニューからデータ→データの入力規則を開き、最大値を15に変更してください。
その後は各セルに15と入力すればOKです。

ジョブポイントとギフトの魔攻・魔法ダメージを追加
GearシートのCustom欄に直接入力をします。
ジョブマスターの場合、魔攻はI19とI43に50を、魔法ダメージはJ19とJ43に43を入力してください。

ジョブポイントとギフトのマジックバーストダメージアップを追加
Dataシートの値を直接書き換えます。
ジョブマスターの場合、B16に56%と入力してください。

ステータスの修正
DataシートのB5がINTの値になります。
どうやら種族により誤差が出る(エルヴァーンだと1低い)ようなので、自分の種族で確認してズレがある場合は修正してください(エルヴァーンなら末尾に+1を追加すればOK)

モンスターの属性耐性によるマジックバーストダメージの変化を反映
DataシートのB138とC138がマジックバーストの倍率なので、ここを変更します。
初期状態だと「=100% + IF(Setup!F10=1, 30%, 0)」と入力されているので、太字の値を変更します。
※上記はB138セルの表示ですが、C138も同じ部分を変更すればOKです。

通常の学者の2連携の場合、入力する値は以下になります。
入力する値:連携ダメージ
35%:40%以下
40%:50%
50%:60%
75%:70%
95%:85%
120%:100%
150%:115%
185%:130%以上


連携ダメージについては英雄なき時代の英雄さんが詳しいです。

マジックバーストダメージIIを追加
項目が無いため新規に追加する必要があります。
私の場合はコンサーブMPの欄を流用して変更したので、その方法を紹介します。

まず装備品について、Gear ListsシートのAP列がコンサーブMPなので、ここにマジックバーストダメージIIの値を入力します。
分かりやすいようにConsMPとなっている項目名部分もMBDmgIIに変更してOKです。
※ただし一番上のAP1セルは変更しないように。

次に装備品のマジックバーストダメージIIが反映されるようDataシートを変更します。
B140とC140がMB.ボーナスの合計値なので、それぞれ以下のように変更すればOKです。
B140:=100% + IF(Setup!F10=1, B139 + Gear!O21 + $B$16, 0)
C140:=100% + IF(Setup!G10=1, C139 + Gear!O45 + $B$16, 0)

陣IIを追加
DataシートのB141とC141が天候の項目なので、ここを書き換えます。
それぞれ以下のように変更してください。
B141:=100% + IF(Setup!F6=1, 25%, 0)
C141:=100% + IF(Setup!G6=1, 25%, 0)

これでSetupシートのWeather/Dayを1にすれば陣IIがかかった状態のダメージになります。
陣Iにしたい場合は25%→10%に変更してください。

精霊VI系を追加
項目が無いため新規に追加する必要があります。
私の場合は精霊ガI系の欄を流用して変更したので、その方法を紹介します。

まずSpellsシートに精霊D値や系統係数が入力されているのでこの値を変更します。
変更するのは左側のNewの方で、Vが精霊D値、M1が≦50の系統係数、M2が≦100の系統係数、M3が≦200の系統係数になっているので、用語辞典の精霊VI系を参考にして入力してください。
Max Nは1に変更で、MP・Cast Time・Recast Timeはダメージを見るだけならいじらなくてもOKです。

名前はそのままでも問題ありませんが、気になる人はGa 1→VIに変更してください。
その場合はSpellsシート、Dataシート、Gearシートの全てをGa 1→VIに変更する必要があります。

装備品の追加
装備品のデータはGear Listsシート内にあるのでここに追加をします。
必要のない装備は列ごと削除しても問題ありませんが、各部位ごとに一番上と一番下の列はデータの区切りとなっているので、そこだけ削除しないように気を付けて下さい。
ダメージを見るだけならint・MAB(魔攻)・M.Dmg(魔法ダメージ)・MBDmg(マジックバーストダメージ)・MBDmgII(マジックバーストダメージII)など関係のあるステータスだけ入力すればOKです。
あとはMAcc(魔命)も入力しておくと装備の合計魔命がすぐに確認出来るのでオススメです。

モンスターの追加
モンスターのデータはOther Lists内(A59から)にあります。
変更するのはint・MDB(魔法防御力±)・MDT(被魔法ダメージ±)だけで大丈夫です。
魔法防御力は100を基準としてその差分(魔防120なら20、魔防50なら-50)を入力します。

コンビネーションの追加
コンビネーションのデータはOther Lists内(A117から)にあります。
Gearの列に装備品の名前を、Modの列にコンビネーションで発動するステータス名(intやMABなど)を、Pieces1〜5にその値(マルクィ+2なら0/8/16/24/32、アマリク+1なら0/20/30/40/50)を入力します。
部位ごとに違う名前を付けると認識されないので、コンビネーションを発動させたいものは同じ名前を付けるようにして下さい(AMゲージ+1・AMスロップス+1ではなくどちらもAM+1にする)

使い方など


Setupシート内の項目で分かりにくい物を解説。

Spell Class = 魔法ダメージの計算式
Newが2013/07/09以降の計算式、Oldが2013/07/09以前の計算式です。

Dark Arts&Light Arts = 黒のグリモア&白のグリモア
ダメージを見るだけなら関係の無い項目です。

Weather/Day = 天候/曜日
この記事通りに変更した場合、学者の陣IIの有無になります。
曜日は関係ありません。

Klimaform = 虚誘掩殺の策
学者のABローファー+1用なので黒魔道士には関係ありません。

Ebullience = 気炎万丈の章
黒魔道士には関係ありません。

Magic Burst (2 WS) = マジックバースト
マジックバーストの有無になります。

# of Targets (ga) = 範囲魔法のターゲット数
ガ系など範囲魔法のターゲット数で1〜10を入力します。

Cumulative Effect # = 相乗効果魔法
相乗効果魔法の数で0〜10を入力します。

Helix Damage = 計略のダメージ
Initialは着弾ダメージのみ、Totalはスリップを含めた総ダメージです。

Spell Reuse Margin = 詠唱遅延時間
再詠唱可能になったあと、実際に詠唱開始するまでの遅れ秒数です。

Hailstorm = 吹雪の陣
陣頭指揮用です。

GearシートのW22セルで表示する内容を変更することが出来ます。
着弾ダメージを表示させたい場合はDamageを選択してください。
この記事のようにコンサーブMPをマジックバーストダメージIIに変更した場合、Avg MP(平均MP)の値は正確ではありません。

注意点


INT差は最大で200までの設計なので、それ以上になる場合は結果にズレが生じます。
※精霊III系以上のダメージが実際より大きくなる。
ですのでケイザックのBlanched Mandragora(INT90)など弱めの敵を相手にする場合は気を付けて下さい。
INT差が200未満の場合は、数値に入力ミスが無い限り誤差の無い値が出るはずです。

モンスターのINTに関しては些事東風さんの記事が参考になると思います。

精霊魔法装備@2018.02.09Ver


INT400以上、装備魔命300以上を目安にチョイスしてみました。
※ステータスは黒/赤のエルヴァーンでジョブマスターでの数値です。

メイン:グリオアヴァール(INT+29 魔命+34 魔攻+50 魔法ダメージ+217 MB+8%)
サブ:エンキストラップ(INT+10 魔命+10)
矢弾:ペムフレドタスラム(INT+4 魔命+8 魔攻+4)
頭:エアハット+1(INT+43 魔命+50 魔攻+38 MB+7% MBII+7%)
首:水影の首飾り(INT+4 魔攻+8 MB+10%)
左耳:王将の耳飾り(INT+10 魔攻+7)
右耳:バーカロルピアス(INT+3 魔命+8 魔攻+8)
胴:SPコート+3(INT+39 魔命+55 魔法ダメージ+48 与えた属性魔法ダメージの2%をMPに変換)
両手:AMゲージ+1D(INT+36 魔命+20 魔攻+53 精霊魔法スキル+14 MBII+6%)
左手の指:女王の指輪+1(INT+9 魔攻+3)
右手の指:女王の指輪+1(INT+9 魔攻+3)
背:タラナスケープ(INT+30 魔命+20 魔攻+10 魔法ダメージ+20 MB+5%)
腰:八輪の帯(曜日/天候の力を常に受けられる)
両脚:AMスロップス+1A(INT+40 魔命+20 魔攻+60)
両足:SPサボ+3(INT+32 魔命+54 魔攻+26 魔法ダメージ+40 MB+10%)
ステータス:INT+103
コンビネーション:魔命+30 魔攻+20

※グリオアヴァールのオーグメントは(INT+10 魔命+20 魔攻+20 MB+8%)

合計:INT401 魔命+323 魔攻+290 魔法ダメージ+325 MB+40% MBII+13%
※精霊魔法スキル1=魔命1換算

posted by Bun at 20:00 | Comment(2) | ジョブ 黒魔道士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になってます、MB2追加の参考になりました

ところでGearの表ですが、項目はコピペと挿入で簡単に増やせます
MBDmgの項目をそのままコピーしてすぐ隣にでも挿入し、名前を仮にMBDmg2とします
で、GearListにもMBDmg2の項目を追加し数字を入力すればOK
これだとコンサーブMPを潰さなくてもいいので個人的にはこの方がいいのではないかと
AffinityなんかもGearに追加すれば妖蟲などの効果を知るのに便利です(闇だけという指定はできなさそうですが)
精霊VI系の追加は試してませんが同じように項目を作ってやればGaを潰さなくてもできるかも
Posted by at 2018年02月28日 15:59
コンサーブMPを潰さなくて済むならそれが良さそうですね!
精霊VI系もSpellsシート、Dataシート、Gearシートに全て追加すればいけそうです。
修正箇所が多いので結構大変ですが!
Posted by Bun at 2018年03月02日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。