2018年04月24日

装備セット(/equipset)の節約

装備セットを節約するために私が行っている方法をまとめてみました。

着替える装備の数が少ない場合は/equipを使用する


着替える装備の数が3〜4個ぐらいまでなら/equipsetを使用せず、/equipで1行ずつ記述すると装備セットの節約になります。
具体的には前衛のアビリティ着替えなどは装備の数が少ないので、/equipでも行数が足りる場合が多いです。

※例:戦士のバーサクマクロ
/equip 胴 PMロリカ+3
/equip 両足 AGカリガ+3
/equip 背 シコルマント
/jobability バーサク <me>

複数のジョブで同じ装備セットを使用する


後衛の装備は共通の物が多いので、1つの装備セットを複数のジョブで共有すると節約になります。
私の場合、以下の着替えを複数のジョブで1つの装備セットにまとめています。

・ケアル装備(白以外)
・強化魔法の効果時間延長装備(白吟風・黒召学)
・ストンスキン装備
・アクアベール装備
・ミルキル装備

/equipsetと/equipを組み合わせて使用する


これは「ほとんど同じ組み合わせだが数部位だけ違う」場合に使える方法で、1つ前の「複数のジョブで同じ装備セットを使用する」とも関係があります。
例えばミルキル装備の場合、黒と学では胴と背だけが違うのですが、以下のようにマクロを作ると装備セットを1つにまとめることが出来ます。

※学者のミルキルマクロ
/equipset 黒魔道士用ミルキル装備のセット番号 echo
/equip 胴 ACガウン+3
/equip 背 ルッフケープ
/weaponskill ミルキル <me> <wait 1>
/equipset 通常装備のセット番号 echo

ポイントは「/equipset→/equipの順番で記述する」ことで、順番を逆にして/equip→/equipsetと記述するとミルキル発動時には/equipsetで指定した装備一式になってしまい、/equipの装備が反映されません。
これは/equipsetの処理速度が/equipより遅いためで、/equip→/equipsetと記述するとwait無しでも両方の処理が成功し、/equipの装備に着替えた後/equipsetの装備に再度着替えるという動作になります。
順番を/equipset→/equipにすればほぼ同時(正確には/equipが僅かに早い)に処理が行われるため、/equipで指定した部位を装備しつつ他の部位は/equipsetで指定した物になります。

動作としては/equipで同じ部位をwait無しで記述する「スイッチマクロ」と同じで、同一の部位は連続して着替えることが出来ないという仕様を利用しています。
そのためスイッチマクロと同じく、/equipで指定した物を既に装備していると着替えが発生せず、/equipsetで指定した装備に着替えてしまうので注意してください。

例としてはシーフの不意打ち・だまし討ちWSや踊り子のC.フラリッシュWSなどに利用出来ます。
他には移動速度アップ装備をこのマクロで作っておき、ついでに/lockstyleも仕込んでおけばジョブチェンジから1ポチで着替えを完了することが出来ます。

posted by Bun at 12:00 | Comment(3) | 便利な小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
/equipが早いとか/equipsetが遅いではなく、マクロは可能な限り並列に実行しようとするが/equipsetの前後では処理を待って順番通りに実行される、が正しいはずです
Posted by at 2018年04月25日 11:31
私は共用する場合、ジョブ専用装備が入るところは空白にしておいてジョブ毎のマクロで埋めるようにしてますね。
そうしないと稀に着替えが失敗しますので。
Posted by at 2018年04月25日 13:09
>上の方
内部的にはそうなっているのでしょうか。その辺りはさっぱりです!

>下の方
/equipで指定した物を既に装備していなければ失敗はないんじゃないかな?と思います。
ジョブごとの差分が少なければ「装備を変更しない」にしておくのも良いですね〜
Posted by Bun at 2018年04月26日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。