2018年10月06日

侍装備@2018.09.10Ver

月光の喉輪は寿命が短めでしたね。

※ステータスは侍/戦のエルヴァーンでジョブマスターでの数値です。

通常装備


正宗(WS後4振り)
メインウェポン:正宗
サブウェポン:ウトゥグリップ
矢弾:銀銭
頭:フラマツッケット+2
首:侍の喉輪+2
左耳:セサンスピアス
右耳:ブルタルピアス
胴:乾闥婆作務衣改
両手:極脇戸筒篭手
左手の指:ニックマドゥリング
右手の指:ペトロフリング
背:スメルトリオマント(DEX+30 命中+20 攻+20 ダブルアタック+10)
腰:ウィンバフベルト+1
両脚:乾闥婆筒袴改
両足:乾闥婆脛当改

童子切安綱(WS後3振り)
メインウェポン:童子切安綱
サブウェポン:ウトゥグリップ
矢弾:銀銭
頭:フラマツッケット+2
首:侍の喉輪+2
左耳:セサンスピアス
右耳:テロスピアス
胴:乾闥婆作務衣改
両手:極脇戸筒篭手
左手の指:ニックマドゥリング
右手の指:ペトロフリング
背:スメルトリオマント(DEX+30 命中+20 攻+20 ダブルアタック+10)
腰:ウィンバフベルト+1
両脚:乾闥婆筒袴改
両足:乾闥婆脛当改

正宗:命中1248 DA29% TA22% QA5% ストアTP87 平均ターン数2.52 DPS7302.342
安綱:命中1288 DA25% TA22% QA5% ストアTP101 平均ターン数1.98 DPS6404.584

※八双・正正堂堂込み

祖之太刀・不動のダメージボーナスにより正宗と童子切安綱の差が広がりました。
侍はAM3の付与が容易なので、童子切安綱は連携ダメージでどこまで巻き返せるかですね。

侍はスマイトを持っていないので、他の両手ジョブに比べると攻防比上限に達するのが難しくなっています。
アンバスケードでは風水士が毎回アビリティを使えますし十一之太刀・鳳蝶を入れることも出来ますが、デュナミス〜ダイバージェンス〜のような複数相手の連戦では攻防比上限に届かないことも多いと思います。

WS装備


祖之太刀・不動
メインウェポン:正宗/童子切安綱
サブウェポン:ウトゥグリップ
矢弾:ノブキエリ
頭:バロラスマスク(命中+30 攻+30 ウェポンスキルのダメージ+5%)
首:侍の喉輪+2
左耳:イシュヴァラピアス
右耳:胡蝶のイヤリング(命中+4 TPボーナス+250)
胴:極左近士胴丸
両手:バロラスミトン(命中+30 攻+30 ウェポンスキルのダメージ+5%)
左手の指:ニックマドゥリング
右手の指:王将の指輪
背:スメルトリオマント(STR+30 命中+20 攻+20 ウェポンスキルのダメージ+10%)
腰:フォシャベルト
両脚:極脇戸板佩楯
両足:バロラスグリーヴ(命中+30 攻+30 ウェポンスキルのダメージ+5%)

十二之太刀・照破
メインウェポン:正宗/童子切安綱
サブウェポン:ウトゥグリップ
矢弾:ノブキエリ
頭:フラマツッケット+2
首:侍の喉輪+2
左耳:胡蝶のイヤリング(命中+4 TPボーナス+250)
右耳:ブルタルピアス
胴:極左近士胴丸
両手:バロラスミトン(命中+30 攻+30 ウェポンスキルのダメージ+5%)
左手の指:ニックマドゥリング
右手の指:王将の指輪
背:スメルトリオマント(STR+30 命中+20 攻+20 ウェポンスキルのダメージ+10%)
腰:イオスケハベルト+1
両脚:極脇戸板佩楯
両足:フラマガンビエラ+2

正宗・不動:命中1190 WS平均ダメージ29644
安綱・不動:命中1220 WS平均ダメージ29460
正宗・照破:命中1220 WS平均ダメージ19649
安綱・照破:命中1250 WS平均ダメージ24704

※八双・正正堂堂込み

祖之太刀・不動は即撃ちでも正宗の方が強くなっています。
命中率&攻防比がキャップしていればエパミノダスリングも候補に入ります。

posted by Bun at 12:00 | Comment(16) | ジョブ 侍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
擬似的に連携ダメージを上乗せすることは出来ないでしょうか?
例えばWS2回に付き、WS1回分のダメージが出る連携が発生する、という前提で(ひたすら不動の1人連携)
3振り童子切のWS回転率は正宗の25%増しなので、その半分の12.5%をWSダメージに上乗せする、など。
3振り小鴉丸に至っては50%増しぐらいになっていると思うので、かなり化けるのではないでしょうか?

イオニックはWSそのもののダメージ、ミシックはWS回転率がウリですので
それに基づいた連携ダメージを無視してしまうと、どうしてもエンピ1強になってしまうと思います。
Posted by at 2018年10月06日 14:48
正直侍は連携ありきですしね
他のジョブも連携考慮・状況考慮してなんぼだから
これが絶対正義って間に受けないで参考程度にして
あとは各々の環境に合わせて各自カスタマイズしてねが正解でしょう
Posted by at 2018年10月07日 02:39
連携込みの比較は使用するWSの組み合わせや敵の属性耐性値によって大きく変わるので難しいですね。
不動などWS1種類だけを連打するならその分をWSダメージに上乗せすれば擬似的な比較は出来ますが、通常のコンテンツでアタッカーが同じWSを連打して1人連携をすることはまず無いので、あまり意味の無いデータになるかと思います。
状況に応じての比較は実際のコンテンツで戦闘時間やRep等で確認してもらうのが一番ですね〜
Posted by Bun at 2018年10月07日 08:07
いつも更新お疲れさまです。

前回の侍装備の記事では、安綱を使うときは春日胴改が組み込まれていたと思うのですが、
今回使われていないのは侍の喉輪+2によって、月光の喉輪よりさらにストアTPが確保できるからなのでしょうか?

正宗用と安綱用で、テロスピアスとブルタルピアスの違いしかなかったので驚きました。
Posted by 侍勉強中 at 2018年10月07日 15:03
童子切安綱は侍の喉輪+2によって乾闥婆作務衣改でもWS後3振りが出来るようになったので変更しました。
極左近士胴丸の正正堂堂効果アップを含めればもう少しストアTPを減らすことも出来ますが、一応それは除外して調整しています。
Posted by Bun at 2018年10月08日 09:01
残身や八双残身が結構影響しそう、、、
Posted by at 2018年10月09日 09:14
八双の残心も有用ですがマルチアタックよりは優先順位が下がりますね。
Posted by Bun at 2018年10月10日 00:17
こんばんわ 通常装備ですが、腰がウィンバフだと、少しヘイストがたりなくなりませんか?
それが気になりました。
Posted by たるたる at 2018年10月11日 01:08
以前の侍の記事にもあったと思いますが手の八双+で装備で不足してるヘイスト分を補っていると思われます。
アビ枠は12%あれば80%キャップまでもっていけるので余剰分を装備から削れる、メイン侍の特権ですね。
Posted by K at 2018年10月11日 16:16
説明して頂いている通りですね!
八双+の余剰分で足りないヘイストを補っています。
Posted by Bun at 2018年10月12日 00:13
侍記事ありがとうございます。
今回喉輪の追加で
通常時、胴:極脇戸or春日改等、右耳:テロス、足:フラマ
不動時、頭、足、左指:フラマ
応援:緑ワイバーン
に変更で正宗3振りヘイストキャップが可能なようですが、マルチ、WSダメージの低減でDPSは落ち込んでしまうでしょうか?
Posted by さぼてん at 2018年10月12日 01:34
落ちてしまいますね〜
もう少しストアTPが充実しないと正宗でWS後3振りは厳しそうです。
Posted by Bun at 2018年10月13日 14:07
なるほどです。
エンピ装束の強化や良い腰、投てきあたりに期待でしょうか。
ありがとうございます。
Posted by さぼてん at 2018年10月13日 21:28
龍王脛当改を通常装備に使った場合の正宗と童子のDPSはどうなるのでしょうか?
私もDPSシートで見てみようと試みたのですが、「残心:時々2回攻撃+11%」の設定方法が分からなかったので質問させていただきました。。
Posted by at 2018年10月14日 17:54
「残心:時々2回攻撃+11%」を反映させるのは難しいですね〜
どちらにせよ攻撃回数の期待値的には乾闥婆脛当改の方が良いですね。
Posted by Bun at 2018年10月15日 00:33
ご回答ありがとうございます。
意気衝天込みでどうなるのかなと思ったのですが、やはり反映させるのは難しいですよね〜。
Posted by at 2018年10月15日 02:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。