2020年02月27日

Master Manipulator

ソウルフレアだけ「Bozzetto」が付かないのは設定的に何かあるのでしょうか。


構成など


構成は剣狩狩ココ赤で、支援や役割等は以下です。

魔導剣士
サポートジョブはセンチネル目的でナイト、ルーンはトリビュレーション対策でルックス×3。
敵対心が甘いとインプのターゲットを取られるので、ヘイト行動時は可能な限り敵対心ブーストを。
エンボルドはクルセードに使用。

狩人&コルセア共通
ソウルフレアにはディストラIIIを入れるので、飛命はインプの必要命中1359+距離補正の約1439が目安。
ハンターズロールもかけるのでロスタムC持ちなら出目6以上で計算し、食事込みの飛命1364以上で調整。
赤魔道士からスナップIIをもらうので、装備&特性のスナップショットは40%でok
敵対心対策で片方の耳はシテレアパールを使用。
後は誰でも良いので護摩の守護円を使用で。

狩人
イモータルシールド中でもTPが貯められるように頭はARベレー+3で。
飛命には余裕があるので食事は肉系かあればキューピッドチョコでも。

コルセア
ロールは片方がクルケッドカオス+ハンター、もう片方がクルケッドサムライ+アライズ。
ランダムディールで回復した場合は2個目のロールにもクルケッドカードを使用で。
コルセアは狩人より弾の消費が激しいので大量に用意しておくと安心。

赤魔道士
狩人&コルセアにスナップIIと魔導剣士にヘイストII、強化消し後は魔導剣士にファランクスII。
弱体は全体にディアガとソウルフレアにサイレス、ディアIII、ディストラIII。

戦闘の流れ


倒す順番はインプ→ソウルフレアです。

突入後コルセアはすぐにロールを回し、その後片方がランダムディール→続けて2個目のロールを使用。
もう片方のランダムディールはトリプルショットの効果時間が切れる頃に使用で。

強化が終わったら魔導剣士が突っ込みセンチネル→フォイル、その後入口に引っ張りセンチネルの効果時間中に各種アビリティを使用して一気にヘイトを稼ぎます。
以降はリキャスト毎にフォイルを使用してヘイトを維持。

赤魔道士は最初にディアガを入れ、その後ソウルフレアに入るまでサイレス(要レジストハック)を。
以降は回復に集中し、インプの数が減ってきたらソウルフレアにディアIIIとディストラIIIを入れて準備で。

強化を消されたら赤魔道士は魔導剣士にファランクスIIをかけます。
その際魔導剣士は被ファランクス+装備で待機で。

狩人とコルセアは遠隔WSの射程ギリギリから削り、WSはラストスタンドを連打で。
インプを殲滅したら魔導剣士は狩人&コルセア側に立ち、狩人のデコイショットを受けます。

ソウルフレアがイモータルシールドを使用したら狩人のラストスタンド×2+光連携で破壊します。
デミディエーションもダメージが通るのでTPがある場合は使用で。

クリアタイムは大体4分強で、惜しい時はあったのですがギリギリ3分台には届きませんでした。
今回剣とコが複垢であまり撃てなかったのと、狩コの装備がそこまで揃っていなかったので、中身6人で装備がしっかりしていれば3分台も狙えるのではないかと思います。

また赤1人だと回復がきつそうだと思うかもしれませんが、魔導剣士がルックス×3をしておけばバイオはほぼレジスト出来る(受けたのは1回だけでした)のと、サイレスを入れれば魔法によるダメージと状態異常を一切受けないので、サイレスを入れずに白で回復するよりは断然楽だと思います。
魔導剣士のガンビットとレイクで連携を支援するのも面白そうですが、今回は複垢操作だったのとルーン消失のリスクを考えて使用はしませんでした。




【アンバスケードの最新記事】
posted by Bun at 09:30 | Comment(0) | アンバスケード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。